1週間でさくっと出来る<<緊急>>TOEFLスピーキング対策3つ

留学、テスト、英語の試験に関わる機会はたくさんあります。

中でもTOEFL(トフル)は、「Reading(リーディング)」「Listening(リスニング)」「Speaking(スピーキング)」「Writing(ライティング)」の「四技能」の能力をチェック出来るテストとして、有名だと言えるでしょう。

今回は、
「TOEFL(トフル)どうしても受けなきゃいけない!」
「テストが来週に迫ってるけど何をやったらいいかわからない!」
「Speaking(スピーキング)テストっていったいどうやって対策するの?」
そんな皆様の疑問にお答えするべく、「TOEFL(トフル)スピーキング対策」の方法を3つあげようと思います!

そもそも、TOEFLのスピーキングって何するの??

rp_11666824305_ce523eecfc.jpg

TOEFL(トフル)のスピーキングテストは、2セクション、合計6問で構成されています。
スピーキングといっても、「生身の人間と会話」するのではなく、PCに向かって音声を吹き込むので、特にはじめて受ける人は対策が必要です。

まずは、どんなセクションでどんな問題が出されるのか、確認してみましょう。

【1】身近なトピックについて意見を述べるセクション

ここでは、比較的わかりやすい、身近な内容に関して、英語で意見を言うことが求められます。
自分の考えだったり経験を元に話すこと必要になるので、普段から「何かに意見を持つくせ」をつけているといいかもしれませんね。

例えば、「あなたは『留学に行って英語を学ぶこと』と『自国で英語を学ぶこと』のどちらがいいと思いますか?また、それはなぜでしょう?」といったような質問をされます。

businessman-449927_640

【2】聞いた内容に関して、口頭で回答するセクション

ここでは、「会話」であったり「講義」の内容を聞いてから回答することが求められます。
そのため、スピーキング能力はもちろんですが、リスニング能力も重要になってきます。

例えば、講義の内容を聞いたあとに、「講義の内容を要約する」といった質問をされます。


じゃあいったいどうやって対策するの?

内容がわかったところで、点数があがらなければ意味がない!
それでは、「英語に自信がない」「そもそも試験まであと少ししか時間がない!」という状態でも出来る対策を3つあげたいと思います!

1、市販のTOEFL対策テキストを買って勉強する
2、対面のTOEFL講座に行って勉強する
3、オンライン英会話で勉強する

1、市販のTOEFL対策テキストを買って勉強する

金額:◎(1000円~)
効果:△(自分で確認しながら進めることになるので、「チェック者がプロじゃない」ことが難点です)

1番てっとりばやく出来るのが、TOEFL対策テキストを買って勉強をする方法です。
スピーキング対策のテキストには、「質問の音声」と「解答例の音声」が付いていることが多いので、CDを使って繰り返し英語を頭になじませるのがベター。
まずは「質問の音声」を聞いてから、ゆっくりでもいいので自分の言葉で話してみましょう。このとき、自分の音声を録音しておくと、あとから「どこで詰まってしまったのか」「発音や語彙の使い方におかしなところはないか」チェック出来るので、学習に役立ちます。
次に、解答例を聞きながら「シャドーイング」をしたり、よく使うフレーズを繰り返し口に出してみたりしましょう。何度も繰り返すことで、「英語を話すこと」自体に慣れてきて、急な質問にもつまらず答えることが出来るようになります。

ただし「テキストでの対策」の問題点は、「チェック者がプロフェッショナルではない!」こと。
すでに英語に慣れている人が確認のためにする学習としては向いているかもしれませんが、「何やったらいいかわからない!」という状態だと、なかなか難しいかもしれませんね。

2、対面のTOEFL講座に行って勉強する

料金:×(1週間だとしても、5万円くらいかかります)
効果:◎(対面でプロに指導してもらうことで、弱点を中心的に徹底対策できます!)

テキストだけだとちょっと不安……という人におすすめしたいのが、「対面のTOEFL」講座。プロの講師から、場合によっては「1対1」で指導を受けることで、「どこを伸ばせば点数が伸びるのか」「点数をあげるためにするべきことはなにか」、徹底的に対策をすることができます。

また、集団で講座を受ける場合は、同じ「TOEFLの点数アップ」を目指している仲間と情報共有をしたり、励まし合ったりも出来るので、モチベーションアップにも繋がるかもしれません。

ただしTOEFL講座の難点は、そのお値段。「どうしても点数をあげたい!」という社会人のにはおすすめ出来ますが、学生だとなかなか手が届かない値段かもしれませんね。

3、「オンライン英会話」で1対1で対策する!

料金:◎(なんと1授業100円以下!?)
効果:◯(TOEFL対策可能な先生を選べば、なおよし)

最後におすすめしたいのが「オンライン英会話」を使ったTOEFL対策です。

「オンライン英会話」と「試験対策」あまりイメージがないかもしれませんが、
実は「フィリピン人」などの「非ネイティブ」のほうが、自分たちが英語を「語学」として学んでいるからこそ、英語を教えるのが上手だったりもします。

対策がしたいときは事前に何をやりたいのか伝えておくと、先生たちも準備をしてくれるのでスムーズに進みますよ。
先生を選ぶときは、「TOEFL対策可能」など、プロフィールに書いてある先生が特におすすめ。
値段もコースによっては、1回の授業が100円以下など、かなり安めです。

ただしオンライン英会話の難点は、「スピーキング」以外の対策は、出来ない場合も多いこと。「話す」ことを中心に教えていることあって、急に「ライティングを見て下さい!」などお願いしても、対応してくれる人はあまりいないかもしれません。

緊急度合いや、あとどのくらいスコアを伸ばす必要があるかに応じて、
対策方法を使い分けて行きたいですね!

→Weblio英会話




WebRTCで無料英会話