時短&カッコイイ!ネイティブにも通じる英語の略語

定型的な言い方は略して書くと効率的です。授業や仕事でメモを取るにも、素早く書き取ることができ、ビジネスメールでも余計な紙幅をさかずに済みます。

英語には略語として定着している(英語でのやりとりで問題なく使える)略語が多数あります。日本語でメモを取る際に使っても、サッと書けて便利。ノートが捗ること間違いなしです。

e.g. / ex.(例えば)

例を示す場面で使える略語です。「e.g.」はラテン語の「exempli gratia」の略。「ex.」は英語の「exemple」の略です。

原則と具体例はセットで書くことが多いもの。日本語の「例」は画数が多くて面倒ですが「eg」「ex」はほぼ一筆書きが可能です。

略記はピリオドを打った「e.g.」「ex.」の表記が正式です。個人的にノートに書き留める場合はexだけでよいでしょうが、誰かに宛てた文書で使う場合には正しく「e.x.」と表記しましょう。


i.e.(すなわち)

i.e.」はラテン語の「id est」の略で、「すなわち」という意味です。英語圏ではひんぱんに使われていて、学術書などでも多々見かける略語です。メモの要点を目立たせたいときには「i.e.」で強調しておくと良いでしょう。

i.e. もピリオドを含めた書き方が正式な表記です。

writing-828911_640


ASAP(可能な限り早く)

ASAP」は「as soon as possible」の略で、「可能な限り早く」という意味を示します。最優先事項であることを示す場合や、相手に「可及的速やかにお願いします」と伝える場合に使えます。

ビジネスメールなどでは多用は控えて、ここぞという時にだけ使いましょう。何かにつけて急かす態度は得策ではありませんので。

ETA(完了予定時刻)

ETA」は「Estimated Arrival Time」の略で、原義としては「到着予定時刻」を意味します。転じて、「作業完了の予定時刻」という意味でよく使われています。

仕事のタスク管理やテスト勉強の計画などで「ETA」を駆使すれば、スッキリした予定表になるでしょう。

FYI / FYA(参考までに)

FYI」は「For your information」、「FYA」は「For your action」の略で、「ご参考まで」といった意味で使われます。ビジネスメールの文末で多く用いられる表現です。

自分でメモを取るときにも、「ちなみに(※非重要)」的な話題を書き留める場合などに使ってみてはいかがでしょうか。

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話