【まとめ】フレーズの記事一覧

フレーズに関連してる記事をまとめたよ!

スティーブ・ジョブズ が【30代の時に】残した名言集

カリスマ実業家として名を馳せたスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)。新型 iPhone を片手に記者発表する氏の映像は、2000年代後半を通じて世界中の多くの人が目にしました。2011年、56歳で世を去りました。

スティーブ・ジョブズの生涯はまさに激動です。21歳で起業し、25歳で長者番付に登場、30歳で自社から追い出され、ピクサーを設立してディズニーへ売却、そしてアップルに復帰し、iPhone 等の発表によりアップルを時価総額世界一の企業へ成長させる。もはや「イノベーションの権化」と言っても過言ではないと思える程。

ジョブズが30代の頃は、自身が立ち上げたアップル社を不本意な形で去り、新たなイノベーションを模索した、人生の大きな転換点でした。そんな荒波の中でジョブズが発した言葉は中々に胸を打つ名言ぞろいです。

続きを読む

遺失物取扱所(lost and found)で使える英会話の表現

落し物や忘れ物を預かって管理する場所を、英語では「lost and found」と言います。(英国式英語では「lost property office」と言います。)「lost and found」は街中に単独の施設として置かれている場合もありますが、空港や駅などの施設に窓口が置かれている場合もあります。

続きを読む

英会話の挨拶で、天気の話をするときに使えるフレーズ

英会話で挨拶をするとき、自己紹介の後に世間話や雑談をすることが多くあります。世間話や雑談のことを英語では「small talk」(スモールトーク)と呼びますが、「small talk」の話題に困ったときには、天気の話が役立ちます。天気の話をする際に使えるフレーズを覚えることで、自己紹介の後に沈黙してしまうといった事態を防げるかもしれません。 続きを読む

もう戸惑わない!入国審査で聞かれる質問と英語での答え方

入国審査(Passport Control)は、海外旅行や留学のときに、どうしても英会話が必要になる場面の1つです。日本から飛行機で移動した後は、各国の入国審査を通過しなければいけません。

何も質問されず、パスポートにスタンプを押してもらうだけで審査を通過できることもありますが、英語で質問されることもあります。海外の入国審査官には日本語が通じないことが多く、英語に慣れていないと戸惑ってしまいがちです。しかし、入国審査が怖くなくなれば、自信をもって英語を話せるようになります。

続きを読む




WebRTCで無料英会話