TOEIC(R)テストのスコアは何点から履歴書に書くべきか

TOEICスコアは就職活動などにおいて強力な能力アピールとなります。履歴書に「TOEICスコア:何点」と記すだけで、「自分はこのくらい英語がデキます!」と雄弁に語ることができるのです。

一般論としては、「英語でひとまず問題なくコミュニケーションできる」レベルと見なせるスコアが「600点台以上」ですので、スコア600以上なら履歴書上の武器として使える場合が多いといえます。逆にいえば、600点未満のスコアで敢えてTOEICスコアを記載しても、武器となるよりは否定的要素になる可能性が大きいともいえるでしょう。

ただ、TOEICスコア何点から履歴書に書くべきか? という観点は、基本的に英語能力が関係ない業種でしか通用しない問いです。

309236516

不満足なスコアしか書けなければ「自分は英語ができません」と物語ることになるのでは? という疑問は、確かにその通りです。TOEICスコアが不採用判定の判断基準になることもあるでしょう。TOEICスコアの記入が必須ではなく、現在のスコアがおそらく期待されているレベル未満と思われる場合は、履歴書にTOEICスコアを記入しない方が無難かもしれません。

しかしながら、外資系企業のように英語能力がどうしても必要となる職場でない限り、英語能力は評価基準の一つであるに過ぎません。人間性や総合的な職務能力の期待値がやはり第一に評価されるという点をしっかり見据えておきましょう。





WebRTCで無料英会話