TOEIC(R)テストを受けていないと就活には不利?

TOEICのスコアは就職活動での重要性が高まっています。英語能力を示す指標としてTOEICスコアが中心的に利用されており、募集条件に一定以上のTOEICスコアを挙げている企業も少なくありません。募集の要件に含まれていなくても、TOEICのスコアは英語のアピール材料として多く利用されています。TOEICスコアが標準より高ければ選考でも有利に作用することが期待できます。

ウェブ上では「TOEICのスコアが低いと逆に評価が悪くなるのでは?」という見解もちらほら見受けられます。しかしこれは半ば眉唾といってよいでしょう。企業側にしてみれば、TOEICスコアが低いという理由で有望な人材を切り捨てることはできません。英語スキルが大学生レベルを大幅に下回っていても、人柄や職務遂行能力が認められれば、大半の企業は認めてくれるものです。また、英語能力が評価を左右する企業なら、これはTOEICテストの結果を書かない方がマシかも・・・と考えてる余地はありません。

521518483





WebRTCで無料英会話