海外で電話を使う用意、携帯レンタルその他の手段

海外に出かける際にはケータイやスマホといった通信手段の用意が欠かせません。緊急時の連絡手段として、ウェブを通じた情報収集ツールとして、現地で知り合った人と交流を保つ手段として。モバイル端末を用意して大いに活用しましょう。

海外で携帯通信サービスを利用する方法は複数種類あります。かなりの長期滞在、を念頭に置くのでなければ、いわゆる「レンタル携帯電話」「携帯電話レンタル」サービスがお手頃です。

普段使っている通信契約で何とか済ませることもできる

現在(国内で)利用しているケータイ・スマホの通信契約を利用して、国外で使うことも不可能ではありません。大手通信キャリア3社なら国内外で通信サービスが利用できる「国際ローミング」のサービスを提供しています。(キャリアによってサービス名は異なります)

普段使っているキャリアの国際ローミングを利用すると、ちょっとした手続きで海外でも通信サービスが利用できるようになります。国際ローミング利用開始の手続きは、一昔前は面倒でしたが、最近は格段に手軽になっています。

とはいえ、国際ローミングサービスの利用は、通信料金がけっこう割高です。使用機会が1度か2度あるかないか、という状況ならともかく、頻繁に使用するとなると決して無視できません。

こうした点では、海外向けの通信サービスが利用できる海外向けの端末を借り受ける「レンタル携帯」サービスにまだまだ分があるといえます。

157948682


レンタル携帯サービスを利用する

いわゆるレンタル携帯サービスは、国外使用に適したサービス・端末を比較的手頃な価格で利用できる海外旅行者向けのサービスです。

レンタル携帯は日本で手配・受け取り可

手配の方法や料金体系は海外滞在者向けに最適化されており、出国前に端末を受け取って帰国後に返却する等の流れも気楽で心強い要素といえます。海外でケータイ使うなら最も手軽で利用しやすい方法のひとつでしょう。

同事業の大手としては、グローバルセルラーテレコムスクエアモベルなどがよく挙げられます。特にモベル(mobell)は「端末本体はレンタルでなく購入(次回渡航は手配不要で使用可)」「基本使用料なし(通話料金だけ)」といった特徴のあるサービスを展開しています。

基本料金「一生無料」のワールド携帯 ― モベル

申し込みは意外と簡単

レンタル携帯のメリットの一つに、サービス利用申し込みが簡単であることが挙げられます。レンタル携帯の回線契約はレンタル会社名義なので、利用者は回線開通に必要な手続きは求められず(電話番号などの設定など)、携帯機器のレンタル手続きのみすれば良いのです。つまり利用者に求められるのは、レンタカーのように利用期間分の代金を各コースに応じて払い、レンタル期間終了時に端末を返却することの2ステップとなります。

海外で手配するなら知っておくべき英語表現

出発前に日本で端末を受け取ることが難しくなる場合もあります。やむを得ず日本で手配できなかった場合、渡航先の現地のレンタル業者と契約する方法が選択肢に上ってきます。

現地のレンタル携帯サービスは、到着後に空港スタッフや空港内の店舗スタッフに尋ねると比較的容易に見つかるでしょう。こんな風に聞いてみましょう。

Where can I rent a mobile phone?
どこで携帯をレンタルできますか?
Do you offer rental mobile phones?
レンタル携帯の取り扱いはありますか?

外国人向けには英語での契約書を用意してあることがほとんどです。大手では複数の言語で契約書を準備しているところもありますが、英語での契約用語にも慣れておくとトラブルを避けるのに役立ちます。料金やレンタル期間など、契約内容をある程度把握するために必要な用語を確認しておきましょう。

  • Rental period
    レンタル期間
  • Extension of rental period
    レンタル期間の延長
  • Call fees
    通話料金
  • Incoming calls
    着信
  • Rental fee
    レンタル料金
  • Method of payment
    支払い方法
  • loss and damage to Communication Equipment
    通信機器の紛失および損壊
  • Prohibitions
    禁止事項

なお、通話料金(Call fees)は Call rate の欄で確認できます。1分ごとの料金が /min で表示されていることが多く、/(スラッシュ)の左側に価格が記載されます。


電話を持たず、必要があれば借りる

ケータイ・スマホは、ほぼ不可欠といってしまえるツールではありますが、なければ死ぬということもなく、あえて持たないという選択肢もあります。

異境に身を置く醍醐味を心置きなく味わうなら、ケータイ断捨離は現実味のある選択肢です。出費が省ける点も魅力。

モバイル端末を持たずに過ごすとしても、ちょっとした用事や、不意の緊急事態に、電話連絡の必要が生じることはあります。その際には「電話を借りる」ことになるでしょう。

ホテルで電話を借りる際に使える英語フレーズ

宿泊先(ホテル等)は電話を借りやすく重宝します。

部屋に電話が備え付けてある場合、外線で普通に通話できることもありますが、通話料金が割高になることもままあります。通話料金は事前に確認しましょう。

フロントへ降りて電話をかけたい旨を伝える・相談すると、最適な方法を案内してもらえます。電話の内容によってはフロント側が電話を代わりにかけてくれることもあるので、電話の用件も一緒に伝わるように表現を工夫してみましょう。

I need to call ABC restaurant to make a reservation.
ABCレストランに電話で予約をしたいんですけど

この時点で親切な受付なら電話を代行してくれるか、無償で電話を貸してくれます。また、電話をかける用件が短い通話で済むものなら、以下のように直接電話を貸してほしいと頼んでも良いでしょう。

Can I borrow a phone ? I need to call a taxi.
電話を借りられますか?タクシーを呼びたいんです。

公衆電話を探す際に使える質問フレーズ

公衆電話は街頭で(つまり出先)で見つかる通信手段であり、あらかじめ代金を投入した分だけ通話できるので高額請求の懸念がない、その点で気軽に使える手段です。

「公衆電話」は英語で public telephone もしくは pay station と呼ばれます。土地勘がないとなかなか見つからない場合もあるので、適宜、尋ねられるようになっておきましょう。

Where can I find a pay station?
公衆電話はどこにあるでしょうか
Do you know where a public telephone is?
公衆電話がどこにあるかご存知ですか
Is there any place where I can find a public telephone?
公衆電話を見つけられる場所がありますか?

事前の準備と、程々さが肝心

多くの人にとり、海外渡航・海外滞在の経験は、そうそう何度も訪れるものではありません。つまらないことで不満を募らせたり後悔したりすることのないように、準備は万全にしておきたいところです。

少しでも価格の安いレンタル携帯サービスを求めて延々と比較を続けたり、もっとお得な事業者を見つけて落胆したりするのも、考え物です。それなりに妥当なサービスを見定めて、そこに決めたらなら、それはそれで割り切ってしまいましょう。何事も程々に。





WebRTCで無料英会話