【おもてなし】見るからに困っている人に英語で声をかけよう

日本を訪れる外国人旅行者の数は年々増えています。2020年オリンピックまでは更に増えるでしょう。訪問者が増えれば、勝手がわからず困る人も多くなります。道や駅で困っていそうな外国人を見かけたら、余裕があれば思い切って声をかけてあげてみてください。

英語での話しかけ方

まず相手に気付いてもらうため、相手に聞こえるように呼びかけましょう。「Hi.」や「Hello.」は相手や場面を選ばない、最も無難に使える表現です。

Excuse me.」も、見知らぬ人に話しかける際の声かけとして一般的です。「もし、」「失礼ですが」というような丁重なニュアンスをもって接することができます。

Hey,」はくだけた表現で、日本語の「おい、」に近いニュアンスがあります。目上の人に使うと失礼にあたるので注意が必要ですが、相手の注意を引くという点ではかなり効果のある言い方です。


要件から切り出すのも手

Hl, などのかけ声を伴わずに、困っているかどうか(「どうかしましたか」のように)尋ねて切り出す言い方も自然です。相手が聞き取れるようハッキリを呼びかけましょう。

How can I help you ?  お手伝いしましょうか
Are you okay ?  だいじょうぶですか?
Do you need any help ?  何か手伝いましょうか?
Are you looking for something ?  何かお探しですか?

pedestrians-918471_640





WebRTCで無料英会話