英語の単語「buzz」の意味・用法と慣用表現

最近「バズワード」、「バズる」という言葉が使われることがあります。日本では主に「流行る」という意味合いで使われることが多いですが、「バズ」とはもともと英語の buzz に由来します。buzz は更に広い意味を持ち、英語圏でも日常的に使われる単語です。buzz の持つ意味を確認してみましょう。

buzzの意味

buzz とは、低く継続したハミング音で、ミツバチが飛んでいるときの音のような「ブーン」という音を指します。そこから派生して、音もしくは振動に関する意味を多く持ちます。

電話する

現代では、携帯が鳴ると「ブーッ」というバイブ音がするので、イメージしやすいでしょう。または、buzz にはそもそも「電話の音」という意味が含まれています。

ブザーや音でシグナルを送る、合図する

ただ単に合図する、という意味ではなく、ブザーなどの音を使って合図するという意味です。

ばたばたと動くこと

ばたばたと動くことで音がしたり振動したりするので、buzz のニュアンスがつかめるでしょう。ばたばた動くことは忙しいことにもつながるので、忙しくするという意味もあります。

アルコールや(違法な)薬物を摂取したときの初期症状

アルコールなどを摂取すると、気分が高揚して体が震えたりしますが、この用法も「振動」を核にしている用法と言えるでしょう。

恐怖

恐怖を感じるとぶるぶると震えることから、この用法も振動を核にしている表現です。

ゴシップや噂話

これは日本語の「バズ」と近い意味で、有名人のゴシップや巷で広がる噂話などを表します。振動すると徐々にその波が広がっていくように、噂話などの実態がないものの流行も buzz を使って表せます。


buzz を使ったイディオム

339715781

buzz off

素早く立ち去る、消え失せろ、電話を切る

buzz off には主な意味が3つほどあります。

1つ目は「素早く立ち去る」です。ばたばたと動く buzz と、ある場所から離れる off がくっついたとイメージすれば分かりやすいはずです。

2つ目が、命令文で「消え失せろ」という意味になります。1つ目の「素早く立ち去る」を命令文で使った形で、もう少し丁寧に言うと「早く立ち去れ」ということです。

3つ目が、「電話を切る」という意味ですが、電話をかけるという意味の buzz と、スイッチのオンオフの off を思い出せば分かりやすいはずです。

catch a buzz

軽く酔うこと

catch a buzz はスラング表現で、軽く酔っぱらっていて、酩酊まではいっていない様子を表します。

buzz for someone

人にシグナルを送る

buzz for someone で、人に対してブザーで知らせる、合図する、という意味になります。光などのシグナルではなく、あくまで「音」や「振動」で合図する場合に使います。

buzz someone in(into) a place

ドアを開けて誰かをある場所に招き入れる

buzz someone in(into) a place は、人を招き入れるという意味の表現ですが、この場合のドアはただのドアではなく、ブーッというブザーを鳴らしながら開くようなドアのことです。この表現も buzz の「音」が核になっています。

buzz with something

(場所が)ごちゃごちゃしていること

buzz with は、部屋や場所が何かで埋め尽くされていること、ごちゃごちゃしていることを表します。

have(get) a buzz on

ほろ酔い気分になる

buzz にはアルコールなどで「軽く酔う」という意味がありますが、have a buzz on はその用法のイディオムです。

give someone a buzz

人に電話をかけること

buzz は電話の音(buzzer)が鳴る、という意味もあります。ケータイのバイブレーターを思い浮かべた方が感覚的イメージがつかみやすいかもしれません。実際そういうイメージで捉えている人も少なくありません

get a buzz out of someone or something

誰かや何かからユーモアを感じること

out of で、「~から」という意味になりますので、人やモノから面白さを感じるという意味です。笑うと体が震えるので、この場合の buzz は「振動」を表す buzz だと捉えれば分かりやすいはずです。

have a buzzing bee in one’s bonnet (about something)

~のことで頭がおかしい。~を思い詰める

bonnet は、あごの下でひもを結ぶ子供用の帽子を指します。buzzing bee は、音を立てて飛ぶミツバチのことです。つまり、ブンブンと音を立てて飛ぶミツバチ(悩み事の比喩)が頭の中にいて、そのことしか考えられない状態を指します。単に、have a bee in one’s bonnet とも言われます。

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話