【英語】もっとカッコイイ「Yes!」「OK!」の言い方

同意や了解を示す意味で Yes や OK といった表現がよく使われますが、よりこなれた通っぽい言い方に「fa sho」「fo sho」といった言い回しがあります。

「fa sho」「fo sho」はアメリカのスラング・若者言葉で、「for sure」を崩した言い方です。for sure の原義である「もちろん」「当たり前だ」といった意味に加え、「yes」「OK」のような肯定的な返事をする場合の言い方としてもよく用いられます。

日常会話でもしばしば使われ、ポピュラー音楽の歌詞の中でもたびたび登場する言い回しです。

A .  Do you wanna come over my house to watch the movie?
俺の家で映画でも観る?
B.   Fasho!
いいね!
A.  Wanna go out tonight?
今夜どこか行く?
B.  Fasho, I’m down for that.
もちろん、行こうよ
A.  That girl is pretty.
あの女の子すごく可愛い
B.  Yea, fasho.
おー、ほんとだね

「fa sho」「fo sho」の他の言い方として、「fasheezy」や「fashizzle」があります。こちらも、同じ意味で使われているスラングです。

person-802095_640

 「fa sho」「fo sho」はどう発音する?

(2015/12/27 追記しました)

fo sho および fa sho の発音について。

スラングということもあって《教科書的な》正解がなく、実際のネイティブの発音も人によって微妙な違いが大アリなのですが、敢えて言えば、おおむね「フォーショウ」/ fɔ ʃəʊ/ と「ファショ」 / fə ʃɔ / の中間くらいの発音が一般的といえそうです。

アクセントの付き方も場面によって異なり、それに伴い発音・聞こえ方もかなり違っています。明確に「フォーショー」のように伸ばして言う場合もあれば、逆に「ファショ」のように短く言っている場合も。





WebRTCで無料英会話