雨がどれほど降っているかを言い分ける英語表現

天候は、会話で話題にしやすい便利なネタです。特に雨が降っているときなどは「いや~降りますね」なんて声をかけやすいものです。

「雨が降る」を英語でいえば「raining」が基本ですが、他にも雨の降りっぷりを形容する英語表現があります。場合に応じて使い分けられると、話も弾むでしょう。

「雨が降っている」は、基本的には程度にかかわらず it を主語において「It is -ing.」の形で表現します。

降り始めのぱらつきは「sprinkle 」

sprinkle は水などをぱらぱらまく、雨がぱらぱら降る、といった意味の動詞。雨が「ぽつぽつと」降り始めた頃に使える表現です。

It began to sprinkle. ぽつぽつと雨が降り始めた.
It’s sprinkling. 雨がぱらついている


静かに降る細雨は「drizzle」

静かに「しとしとと」降っている雨は drizzle で表現できます。drizzle  は名詞としては「霧雨」「細雨」を意味し、また動詞としては「霧雨が降る」という意味になります。

It’s drizzling. 小雨が降っている
The rain has eased to a light drizzle. 雨足は弱まって小降りになった

people-400818_640


はげしく降る雨は「pour」

はげしく降りしきる土砂降りの雨は、「It’s raining heavily.」のようにも表現できますが、「なみなみ注ぐ」という意味の動詞「pour」を使って表現することもできます。

It’s pouring.  ひどい土砂降りだ
It was pouring. ひどく降った

「バケツをひっくり返したかのような」

雨の降るさまを形容する表現には「bucketing down」「chucking it down」といった言い方もあります。

「It’s bucketing down.」は、文字通り「バケツの中身をひっくりかえしている(かのような降り方だ)」という意味合いです。

「chuck it down」は「放り投げる」という意味ですが、天気について言う場合は「雨が雲の上から放り投げられる(かのような降り方だ)」という意味合いです。

やっぱり基本は「raining」

It’s raining.  は雨の程度にかかわらず「雨が降っている」という意味で使える、状況を選ばない表現です。適当な表現が思い浮かばなければ「It’s raining. 」で済ませても変ではありません。

「雨が止んだ」は「stop raining」

そして「雨が止む」と表現する場合には、雨の程度はもはや関係ないため、 raining を使って表現されます。

It’s stopped raining. 雨がやんだ
I will go out when it stops raining. 雨が止んだら出かける
I hope it stops raining soon. はやく降り止みますように

 





WebRTCで無料英会話