英語でバカさの度合いを言い分ける7つの英単語

英語には頭の良し悪しを形容する表現が沢山あります。「頭のよさ」を表現する語もあれば、「頭のわるさ」を表現する語も豊富です。

【英語】「頭がよい」を表現する英単語が多すぎる

愚かさ・バカさにも色々なニュアンスがあります。腹立たしい愚かさ、許せるおバカさ、呆れてしまうような能なし加減など。英語の形容詞はこうしたニュアンスの違いを一語で言い分けられるものが少なくありません。

大前提として「ばか」「あたまが悪い」といった評価は人をけなすことになるネガティブな表現です。使用はできるだけ控えたほうがよいでしょう。

英語で使われる「悪口」表現、人をけなす・罵る英単語

stupid は 人を怒らせるタイプの愚かさ

stupid は、知的な鋭さや賢さが欠如しているさまを表します。多分に辛辣なニュアンスがあり、相手にイラ立っている場合や相手を警告する場合などに用いられます。

stupid は人の馬鹿さの他に、行動・発言・判断そのものなどを形容する際にも用いられます。日本語の「愚か(な)」が一番しっくり来る表現です。

stupid は、けっして冗談めいて言ってよい表現ではありません。言われた相手は憤慨するでしょう。相手に stupid と言われたなら、相手はもう憤慨している可能性が大です。

I realized that you must be stupid.
おまえが愚か者だということがよく分かった
She was stupid to believe that.
それを信じたとは彼女も愚かなものだ
There’s no such thing as a stupid question.
馬鹿にすべき愚かな質問など存在しない
(質問はいかなる内容であっても尊ぶべきものだ)
(「聞かぬは一生の恥」だ)

silly は わりと許せるタイプのおバカさ

silly は判断や思慮が足りていないという種類の馬鹿さを中心とする表現で、多分に「無邪気さ」や「憎めなさ」といったニュアンスを含みます。日本語でいうところの「お馬鹿」に通じます。「ちょっと抜けている」も近いでしょう。

silly は、もともとは古英語「sely」( happy の意味)が転じた語とされています。ちょうど日本語の「おめでたい」と同じような経緯です。

silly は冗談程度で言う表現であり、シリアスな場面では却って使われません。

You always ask silly questions in class.
きみはいつも授業でマヌケな質問をする
How silly of you!
お前さんも馬鹿だねぇ
Come on, don’t be silly.
ばかなまねしなさんなよ

foolish は知能が足りない正統派バカ

foolish は知能の部分が劣っていることに起因する常識・良識や一般的な判断力の欠如を表す、その意味では日本語の「頭が悪い」「馬鹿」の本来的ニュアンスに近い表現です。

冗談で用いられることもありますが、シリアスな場面でも使われます。軽口のつもりが一触即発、という可能性もありますのでご注意を。

I’ve met some foolish men in my life but you take the cake!
これまでに会った奴にも馬鹿はいたけど、君はダントツで馬鹿だよ
Do you think that I believe your foolish talk?
あなたは、私がそんな根拠のないばかげた話を信じるとでも思ったのか

idiot は 人に対してのみ使う stupid

idiot は英語辞書で a stupid person. のように定義される表現です。すなわち、意味は stupid と同じ、そして指す対象は人に限定されます。

語源はどうもラテン語~ギリシア語まで遡るようです。

You are an idiot who doesn’t know anything.
あなたは何も知らない馬鹿者だ
I was an idiot to believe you.
あなたを信じた私が馬鹿だった

英語圏のネット界隈では、人を煽るネットスラングとして(「ばかめ」といったニュアンスで) idiot が多く使われています。

jerk は バカで気に障るヤツ

jerk は俗に「バカ」の意味合いで用いられます。「傲慢な」「無神経な」「思いやりのない」といった、こちらが不快になるニュアンスが含まれます。

You are such a jerk leaving me at the mall for three hours!
あなたって人は本当にバカよ!私をショッピングセンターに残して3時間だなんて
There are some jerks I just can’t get on with.
自分と気が合わない人がいる

dumb はトロい鈍いバカ【使用注意】

dumb(発音は /dʌm/ )は「口のきけない」「無口な」という意味の語で、口語表現としては「まぬけ」「のろま」といった、頭の回転が鈍い人を指す表現として使われることがあります。

基本的にかなりの差別・侮蔑のニュアンスを含んだ表現です。まず禁句と考えてよいでしょう。

moron は知恵遅れのバカ【使用注意】

moron は医学分野で「精神年齢が児童(8~12歳)レベルの成人」という意味で使われ、転じて俗に「まぬけ」「ばか」「低レベル」という意味で使われるようになった表現です。

こちらも基本的にかなりの差別・侮蔑のニュアンスを含んだ表現です。まず禁句と考えましょう。

とはいえ、実際には使用される機会がままあります。日本語でいう「**ガイ」のような感覚といえるかもしれません。

ちなみに、1990年代初頭にアメリカで公開され一世を風靡したゴシック・ホラー・コメディ(笑)映画「アダムス・ファミリー」では、アダムス家のあわれな隣人が You moron ! といってアダムス氏を罵倒しているシーンがあります。

英単語力をつけるためのオススメツール「Weblioプレミアムサービス」

知らない英単語や言い回しが見つかったとき、そのままにしていては、いつまでたっても、英語力は伸びません。英語力を着実に伸ばしている人は、苦手を把握し、繰り返し復習しています。復習がなかなか習慣づかないなら、ツールに頼るのも一つの手です。「Weblioプレミアムサービス」は、苦手単語を整理できたり、英単語力を診断できたりなど、英単語学習をサポートする機能がついています。




WebRTCで無料英会話