英語を話すことを恐れなければ、1日で英会話は上達する!

英会話の上達のためには、何よりもまず、英語を恐れずに話すことが大切です。初心者のうちは「相手に何を言われたのか」「どう返せばいいのか」などを考えながら英語を話さなければいけないこともあるでしょう。しかし、実際に英語を繰り返し使うことで、頭でよく考えなくても反射的に英語が口から出てくるようになります。

また、「間違うことが恥ずかしい」のであれば、あえて恥ずかしい思いをすることで、同じ間違いを繰り返さないようになり、英会話が上達するでしょう。初心者のうちから「完ぺきな英語を話せなければ恥ずかしい」と思ってしまうと、なかなか口を開けることができません。しかし、実際に話さないと、「考えずに話す」ために必要な練習ができなくなってしまいます。英語のネイティブスピーカーでも、子供のころは文法や発音を気にすることなく話していることが多いでしょう。

まずはとにかく英語を話してみる、そして間違っているところが見つかったら直す、というくせをつけることで、たった1日の英会話でも英語力はアップします。

shutterstock_342558581

▼ 同じフレーズを何度使ってもかまわない

覚えているフレーズを何度も繰り返すことで、よく考えなくても言葉が口から出てくるようになります。1つのフレーズが自由に使えるようになってから、新しいフレーズを覚えれば、少しずつボキャブラリーは増えていきます。同じフレーズを繰り返してしまう自分の英語が不自然だと思わずに、積極的に話してみましょう。

▼ 会話中に「英語を話す」時間を増やす

英会話のレッスンや英語話者との日常会話で英語を聞くきっかけを作るだけではなく、会話のシーンで実際に「英語を話す」時間を増やすことでスピーキング力が上がります。相手の話を聞いてあいづちを打つだけではなく、自分から意見を言ったり、覚えたてのフレーズを積極的に使ったりすることで、英語で表現する力がつくでしょう。

恐れずに英語を話すことで、1日英会話をするだけでもかなりの練習量を積むことができます。また、自分の英語の間違いや不自然な点に気づくことがあれば、それ以降の英会話で同じことをしないように気を付けることができます。「間違いたくないから話さない」のではなく、「間違いを知るために話す」という積極性があれば、英会話の効果は大きくなります。





WebRTCで無料英会話