【まとめ】メールの記事一覧

メールに関連してる記事をまとめたよ!

英文メールを恩師・先生に宛てて書く場合の要点と便利フレーズ集

ここがポイント

  • 電子メールの件名は簡潔に、要件を分かりやすくまとめましょう
  • 冒頭の「先生へ」の部分は Mr.Mrs. 、もしくは肩書きに応じて適切な訳語を
  • 本文末尾の「よろしくお願いします。」は通常のメールの作法通りでOK

英語の手紙や電子メールを書く相手(宛先)が、友人ではなく先生と呼ぶべき立場・関係にある人だった場合、気をつけたいポイントは「敬称を適切に表現すること」です。日本語では大体「先生」で通じますが、英語ではそうもいきません。立場や肩書きに応じた敬称を使いましょう。
「件名は簡潔に・分かりやすく」という点は、日本語のメールでも英語のメールでも一緒。英語のメールでは本文末尾に Best regards, のような定型フレーズ(&自分の名前)を添えるのが定番の作法です。
続きを読む

英語の手紙やメールで「お返事くださいね」と伝える上手い言い方

手紙・メールのやり取りでは、場合によっては明示的に返信くださいねと伝えた方がよいことがあります。特に、返信が来るか来ないか不確かな場合や、できるだけ早めに返事をもらいたい場合には、無言のまま相手の対応に期待するよりも、自分の希望を伝えておくに越したことはありません。

ただし「お返事ください」というメッセージは要請や催促の部類でもありますので、ぶしつけ・ぶっきらぼうな言い方にならないように、表現には少し気を配りましょう。

みんなの回答:「ご返事お待ちしております」は英語でどう言うの?
続きを読む

気軽なメールの結びの言葉は「xxx」「Lots of love」がカワイイ

手紙やメールをしたためる際は、末尾に「結び文句」を付けて書き終える形式が一般的です。手紙やメールの結びには「定番」といえる定型パターンがありますが、よく知られている(教科書的な)定番フレーズは、親しい友人や恋人との気さくなやりとりで使うにはいささか堅苦しい感じがあります。

互いに親しい間柄でうち解けたやりとりをする場面では、「xxx」や「Lots of love」のような表現がカジュアルな結びとして使えます。相手との心理的距離もいっそう接近できるでしょう。
続きを読む





WebRTCで無料英会話