【要注意!英語?表現】「メールマガジン」は要注意の和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の和製英語は「メールマガジン」。

「メールマガジン 」は和製英語。むしろ e-zine の方が通じる

日本語で言うメールマガジン(mail magazine)は、英語では e-mail magazine(Eメールマガジン)と表現する必要があります。あるいは、email newsletter。 e-mail magazine を略して e-zine という言い方もあります。

英語で「メール」(mail)といえば、電子メールに限らず、「手紙」全般を含んでしまいます。日本語では「手紙」と「メール」で言い分けられますが、英語では「mail」と「e-mail」で呼び分ける必要があります。単に mail magazine ではメールマガジンを指し示すことができません。

e-mail」を略して ezine という言い方は、その点で語弊の余地がなく、正しく伝わる略称です。

定期刊行物という側面から(配信媒体を無視して)newsletter と表現しても文脈次第では通じます。

online magazine は、多分にウェブサイト上で定期的に公開・更新されるタイプのコンテンツを指すので、避けた方が無難でしょう。

「メールマガジン 」は英語でこう言おう!

テニスのメールマガジンに登録したい。

 I want to sign up for the tennis email magazine.




WebRTCで無料英会話