海外レストランで「お水」を頼む場合の注意事項

海外のレストランでは、「お水」は明示的に注文しないと持ってきてもらえない場合がよくあります。日本の飲食店のようにまずお水が提供されるとは限りません。

水にもいくつかの種類があります。普通の水道水、有料の飲料水、そして有料の炭酸水。このくらいの取り揃えは海外の飲食店では普通です。

単に「Water, please.」とだけ告げると、有料の水、しかも炭酸の入った水が出てくることもあり得ます。無用な混乱を避けるためにも、意識して英語表現を使い分けましょう。

無料の水と有料の水

水道水

日本国内のレストランではじめに(無償で)提供される水は、英語では普通「tap water」と呼ばれます。これは「水道水」の意味。

tap water は頼めば無料で出してもらえます。水が欲しいなと思ったら注文しましょう。

ミネラルウォーター

海外の水質がどうも体に合わないと感じられる場合もあります。そんな場合には、有料メニューとして用意されている飲料水を注文する選択肢もあります。

有料の飲料水は普通 bottled water のように呼ばれます(mineral water でも通じるが bottled water の方が一般的)。ただし、bottled water には「炭酸抜きの普通の水」と「炭酸入りのソーダ水」があるため要注意です。

炭酸水は日本ではさほど馴染みの薄い飲み物ですが、欧米などでは身近な存在です。単に bottled water と言うと炭酸水が念頭に置かれる場合も、ままあります。

炭酸水は sparkling watersoda waterwater with gas などのように表現します。

炭酸抜きの水は炭酸水と対比して still water といいます。あるいは  water without gas とも表現できます。


まとめ

水:water
├ 水道水(無料):tap water
└ 飲料水(有料):bottled water
├ 炭酸入り:soda water
└ 炭酸抜き:still water

 

炭酸水は口当たりや喉ごしもよく、食欲も増進します。料理によってはよく合います。余裕があれば試してみる価値はあるでしょう。

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話