英語メールの「結びの言葉」の使い方・使い分け方

英語で手紙や電子メールを書くときは、文の末尾に「結びの言葉」を添える書き方が一般的です。SincerelyBest regards に代表される表現で、日本語の「敬具」や「かしこ」のような表現に相当します。

日本語の手紙文章では「結びの文句」は今や省かれつつあるかもしれません。英語では、昨今の電子メールにおいても、欠かせない作法として維持されています。

英文メールでは、メールの内容、相手との関係、およびフォーマルさの度合いなどによって、文末表現が使い分けられます。表現のバリエーションを知っておくと最適なコミュニケーションが図れます。

Sincerelyはフォーマルに「真心を込めて」

顧客や取引先に当てたビジネスメールなどではフォーマルな書き方が求められます。Sincerelyはビジネスメールなどで最も一般的に使われる締め言葉です。Sincerelyは「心から、本当に」という意味の副詞で、手紙の最後に添えると「真心を込めて」というような意味合いになるため、相手に誠実な印象を与えることができます。Sincerelyの後には、フルネームで名前を添えましょう。

もっと丁寧にしたい場合は、yoursをつけてyours sincerelyまたはsincerely yoursとします。yoursは直訳すると「あなたのもの」となります。元々はyour servant(あなたの家来)を指していましたが、今は特にこれといった意味はなく、単に「あなたの為に働いています」「あなたの事を心から想っています」というニュアンスを出すことができる表現として使われています。目上の人や、大切な顧客に当てたメールにはぴったりのとても丁寧な表現です。

Sincerely,
Mikako Ueda
真心を込めて
上田宮子
Sincerely yours,
Mikako Ueda
誠意を込めて
上田宮子

writing-1149962_640


Regardsはややカジュアルに「敬意を込めて」

Regardsは「心遣い、敬意」を意味する名詞です。結びに使う際は、「敬意を込めて」というような意味合いになります。こちらもビジネスメールで使える締め言葉ですが、Sincerelyよりもややカジュアルな表現で、仕事上の関係でもそれなりに親しい間柄の人に対して使われます。

best、kind、warmなどの形容詞を伴うと更に親しみのある表現となります。best regardsは「最上の敬意の気持ちを込めて」、kind regardsなら「思いやりと敬意を込めて」、warm regardsなら「温かい気持ちと敬意を込めて」といったような意味合いになります。こちらも自分の名前を添えますが、親しい人に対するメールならフルネームではなくファーストネームだけでOKです。

Regards,
Sayaka
尊敬を込めて
さやか
(Kind/Warm/Best) regards,
Sayaka Yamamoto
(思いやりと/温かい/最上の)敬意を込めて
山本さやか

Best wishesは友人に「幸運を祈る」

Best wishesは「幸運を祈る」「ご多幸をお祈りします」などの意味があり、友人や同僚など親しい間柄の人に対して使われます。カジュアルな表現なので、「うまくいくといいね!」ぐらいのニュアンスですwishesは「願い、祈り」という意味ですが、ここでは「相手の幸福や安泰を祈る」という意味で使われます。もっとカジュアルな表現だと、wishesを省略してBestだけにするものもあります。また、bestを強めてAll the bestとする事もありますが、これもI wish you all the best(万事ご成功をお祈りします)の省略形と考えられます。

Best,
Kentaro
最善を祈る、
健太郎
Best wishes,
Kentaro
ご多幸をお祈りします、
健太郎
All the best,
Kentaro
万事うまくいきますように、
健太郎

Loveは親しい人に「愛を込めて」

Loveは恋人、家族、親しい友人などに「愛を込めて」という意味で添えられます。どちらかというと女性が使うことのほうが多いようです。必ずしも恋愛的な意味はなく、軽く「大好きだよ!」と愛情を伝える程度のものですが、親しい関係以外では使用は控えるのが無難です。With love Lots of loveとすることもできます。

Love,
Jane
愛してるわ、
ジェーン
With love,
Jane
愛をこめて、
ジェーン
Lots of love,
Jane
たくさんの愛をこめて、
ジェーン

親友との気軽なやりとりなら、xxxxoxo のようなスラング的表現もよいでしょう。
→ 気軽なメールの結びの言葉は「xxx」「Lots of love」がカワイイ

Your friendは友情の再確認

友人に当てたメールの場合はYour friend(あなたの友)と締めくくるのが便利です。知り合い程度の間柄であっても、自分を「あなたの友」と称することで相手に友好的な姿勢を示し、親しみを込めて締めくくることができます。相手が自分よりも年下であるような場合には、「友人」という対等の関係を築く事で相手と自分との距離を縮めることも可能です。ただし、逆に目上の人に対して使うのは無礼となってしまうので禁物です。

Please drop in on me anytime.
Your friend,
Masahiro Kato
いつでも訪ねてきて下さいね。
あなたの友
加藤正弘

Thank youは軽い締め言葉

軽い用事などの短いメールの場合は、大層な締め言葉がかえって大袈裟に感じられる場合もあります。そんな時は、「メールを読んでくれてありがとう」という感謝の気持ちを込めて、Thank youと添えましょう。相手に敬意を示すことが一番の目的なので、日本語の「宜しくお願いいたします」に近い表現と言えます。

なにか軽い依頼をした場合は、Thank you in advance(前もってお礼申し上げます)と締めくくることもできます。ただし、「当然やってくれますよね」といった高圧的なニュアンスに受け取られる場合もあるので、難しい依頼をする時は使用を避け、I’d appreciate it if you can.(やっていただけるならば感謝いたします)などの謙虚な表現に変えましょう。

The cleaning will start from 13:00.

Thank you,
the cleaning officer

清掃は13:00から開始します。
宜しくお願いします。
清掃長

Could you answer the phone while I’m out?

Thank you in advance,
Matsui

外出中電話応対をお願いできますでしょうか。
宜しくお願いします。
松井




WebRTCで無料英会話