英語のメールに添える気の利いた一言の書き方

海外の友人・知人と英語のメールを交わす中では、用件だけ伝え合うのではなく互いの好意を交換し合いたいものです。ここぞというタイミングで、相手への思いやりを伝えられるような一言を添えましょう。

心の伝わるメッセージが一言あるだけで、メールはぐっと真心のこもったものになります。

心は明示的に伝えなくては伝わりません。くどすぎないようにあくまでさりげなく、心のこもった一言をメールに忍ばせましょう。

Best wishes なフレーズが定番

英語のメールのやり取りで何か(非本質的な事柄)を述べる場合は、相手の多幸を祈り願う、いわゆる best wishes のメッセージにすると、どんな場面でも無難で気持ちのよい一言にできます。

「この頃は暑い」という話題を出す場合にも、「最近こちらはとても暑い」だけではなく、「こちらはとても暑いけどそちらはどうですか」、あるいは、「そちらも暑いらしいから体には気をつけてね」まで言及することで、相手を気づかう姿勢が示せます。

beach-84533_640


迷ったらこれを使う、定番のフレーズ

Wishing you and your family a wonderful summer season!
あなたとご家族が素晴らしい夏を迎えられますように
Enjoy your summer to the fullest.
夏を存分に楽しんでください

時宜にかなった話題で「よい一時を」と伝える

季節ごとに訪れる行事・イベントを題にとって best wishes が伝えられると、気遣いがより具体的になってメッセージ性が深みを増します。

学生さんなら

I hope you will have lots of fun and exciting moments on your summer holidays.
あなたがこの夏休みに、楽しくてわくわくするような時間をすごせますように
I wish you have great vacations and I hope you spend them happily accompanied by all your family and friends. Have fun!
ご家族や友達と楽しい休暇を過ごせるといいね。またね!

社会人の方へなら

I wish you have some great vacations full of joy and sunshine.
楽しさと陽光にあふれたすばらしい休暇を過ごせますように
Let your vacations be full of joy, we will never have such a nice moment as this.
あなたが楽しい休暇を過ごせたなら、私たちも最高に幸せに思います

イベントやシーズンにあわせたメッセージを送ろう

季節ごとにさまざまなイベントがあります。夏なら夏季休暇が、多くの人に共通して訪れる一大イベントと言えますが、他にもご当地のフェスティバルや記念日などを引き合いに出してもよいでしょう。

  • 春ならイースター
  • 秋ならハロウィン
  • 冬なら年末年始休暇
Wishing you a Happy Easter.
幸せなイースターとなりますように
Sending my warmest Easter greetings to you and to your family.
あなたとご家族に心よりイースターの挨拶を申し上げます
Wishing you a beautiful holiday season and a new year of peace and happiness.
美しい新年の季節と、平和で幸せな一年をお祈り申し上げます
May the joy of the holiday be with you in the new year.
新年の楽しい休暇があなたと共にありますように

書き添える位置は文末が無難

最初はどのタイミングでこのような文を挿入すれば良いのか分からないかもしれません。その場合は、メッセージの締めの一文として使うと無難です。紹介したいずれの文章も、メッセージの最後に挿入可能です。

 





WebRTCで無料英会話