英語で感謝を伝える表現「thank」の使いこなし方

感謝を伝える英語表現といえば、まずは Thank you. が挙げられます。最も基本的な表現であり、実際によく使われます。ちょっと強調したいなら Thank you very much. どちらも英会話における必須表現のひとつと言えます。

thank には名詞で「感謝」、動詞で「感謝する」といった意味の単語です(それ以外の意味もあります)。必ずしも thank+you の形を取るとは限らず、他にもいろいろな語を伴った感謝のフレーズがあります。

お礼を述べる場面で Thank you ! だけでなく色々な表現が使えるようになると、気持ちはいっそう伝わる気がするものです。ちょっとコナレた thank の使い方を把握してしまいましょう。

Thanks.(サンクス)

thank の語を使った感謝の表現としては、Thank you. の他に Thanks. もよく知られたところでしょう。

Thanks. は Thank you. に比べると口語的で、カジュアルな表現です。

Thank you. はフォーマルな場面でもカジュアルな場面でも使えます。Thanks. はカジュアルな場面では使えますが、フォーマルな場面では基本的に使われません。

日本語の感覚でたとえるなら、Thank you. は「ありがとう」、Thanks. は「どうも」のニュアンスに近いといえるでしょうか。

ちなみに thanks は、文法的には、名詞(の複数形)、動詞 thank の省略形、あるいは間投詞(感動詞)として扱われる場合など、色々な解釈があります。品詞を見極めようとすると中々やっかいです。

shutterstock_469179230

Thx.

thanks はメールやチャットなどの文字ベースのやり取りでは thx と表記されることがままあります。

使い所は選びますが、気さくでノリのよいくだけた雰囲気が演出できる、わりと使い出のある表現です。


Thank you very much. (+副詞)

Thank you に続けて「とっても」という意味合いの副詞を添えて、感謝の度合いを強める表現があります。

  • Thank you very much.
  • Thank you so much.

Thanks +副詞

thanksにも副詞を添えて感謝を強調する言い方がありますが、言い添えられる語は少し違った傾向があります。

  • Thanks a lot.
  • Thanks a million.

thanks と共に用いられる「a lot」や「a million」は、それ自体カジュアルなニュアンスの含まれる表現です。他方、very などは少しかしこまったニュアンスを含む表現です。表現のカジュアルさ加減を合わせると考えるとよかもしれません。

とはいえ、これはあくまでも「そういう傾向がある」という程度のものです、厳密に使い分けられているというわけでもありませんし、実際に Thanks very much. という言い方も使われます。


Thank you + for ~

thank you に続けて for ~ の前置詞句を添えることで、何について感謝しているかを具体的に示せます。

Thank you for ~ing. (動名詞)

動名詞 ~ing を使って Thank you for ing. のように表現することで、(「~してくれてありがとう」という)動作・行為に対する感謝の意を明示的に表現できます。

Thank you for coming.
来てくれてありがとう
Thank you for inviting me.
呼んでくれてありがとう
Thank you very much for listening to my presentation.
ご静聴いただきありがとうございます

もちろん thanks for ~ing という言い方も使えます。よりカジュアルな感じでお礼が言えます。

thank you for +名詞

動名詞 ~ing でなく普通の名詞を使って Thank you for ~. の形で表現することもできます。動作に限らず、名詞で表現できるあらゆる対象を感謝の対象に置くことができます。

そもそも動名詞が名詞の一種というか下位区分と位置づけられるべきであり、その意味で Thank you for +名詞、の方が根本的といえます。物質から概念まで幅広い事柄を感謝の対象に置くことができるため、日本語訳と対照して理解しようとすると品詞が揃わなかったりして難儀することがままあります。

Thank you for the information.
教えてくれてありがとう
Thank you for your kindness.
親切にありがとう
Thank you for the book.
本ありがとう

こちらも thank you のカジュアルバージョンで thanks を使えます。

Thank you, anyway.

anyway は「とにかく」「それでも」「やはり」などと訳される副詞表現で、脱線しかけた話を本筋に戻す意味合いを中心とする語です。

Anyway, what I want to say is ~
とにかく、私が言いたいのは~

Thank you anyway. という表現は、結果は不本意になってしまったけれど(それにもかかわらず)お礼を言う、という文脈で使えます。たとえば、誘いを断る場面で「行けないけど誘ってくれてどうもありがとう」という感謝が表現できます。

I’m sorry, but I can’t join the party. But thanks anyway.
ごめん、そのパーティには参加できない、でも(誘ってくれて)ありがとう

thankful

thankful は動詞 thank から派生した形容詞で、「感謝でいっぱい」のニュアンスが表現できる語です。I am thankful の形で使えます。

thankful for ~ と後に続けて感謝の対象を明示することもできます。

I am thankful for your advice.
助言くださりありがとうございます

grateful

thankful と同じく grateful も、 I am grateful の形で感謝を表現できる語です。grateful for ~ の形も取れます。

thankful も grateful もほとんど同じニュアンスですが、語義上、thankful は厚意を受けた自分の幸せな身の上を「ありがたい」と感じていることの表明、grateful は相手の好意そのものに対して「ありがたい」と感じていることの表明、という違いがあります。

I am grateful for your cooperation.
ご協力に感謝いたします

appreciate

appreciate は感謝を表明する表現の中でも丁寧なニュアンスの強い表現です。フォーマルな場面や、とりわけ深い謝意を表する場面に適します。

appreciate は他動詞なので be動詞も for も伴わずに I appreciate+名詞の形で表現する点には注意が必要です。

I appreciate your thoughtfulness.
ご深慮に感謝申し上げます

「おわび」ではなく「感謝」を伝える

英語圏は「感謝」の文化です。日本人がとにかく「すみません」と言うように、英語圏の人は「ありがとう」を口にします。

何事か依頼する場合、日本では「お手数かけて申し訳ない」と考えるところですが、英語では「ご協力に感謝します」という考え方をします。

提案を断る場合にも、日本では「応じられなくて申し訳ない」と考えるところですが、英語では「提案してくれてありがとう」という考え方をします。

お詫びの文化が身についてしまっている日本人としては、積極的に感謝を述べる英語文化の感覚をまずは理解するとこから始める必要があるかもしれません。

しかしながら、「おわび」を「感謝」に転じる考え方は、視点をポジティブに転じるよい機会でもあります。事なかれ主義に陥らずに前向きに進んでいく生き方の指針としても、英語の「ありがとう」の精神は大いに参考になるでしょう。





WebRTCで無料英会話