「ありがとう」を英語でどう言う?場面別ニュアンス別のお礼と感謝の上手な言い方

「ありがとう」という感謝の気持ちを英語で伝える、その基本的な表現は  Thank you. です。……ありふれた表現ですが、これだけで感謝の気持ちがちゃんと伝えられます。

日本語だったら「ありがとう」が使える、という場面なら、Thank you . と表現できる。そう捉えてしまってよいでしょう。

気さくな(カジュアルな)会話の中でも、少しかしこまった(フォーマルな)会談の中でも、Thank you. で感謝の気持ちを表現できます。

Thank you.
ありがとう(ございます)

つまり、表現に迷って言いよどむくらいならサッサと Thank you. で感謝を伝えてしまいましょう。

もちろん、Thank you. の他にも感謝を伝える表現は沢山あります。「とても感謝している」という程度の強さを伝えたり、「いつもありがたく思っています」というような形で伝えたりする場合には、Thank you. 以外の表現を選んでみてもよいでしょう。

たとえば、場面や状況に応じて、Thank you very much . という風に言葉を足せば丁寧なニュアンスが表現できます。

あるいは、 Thank you for your kindness. という風に言葉を補えば「何について感謝しているのか」という部分を明示できます。

感謝の言葉は、英語・英会話の中で最も重視するべき表現です。英語表現の最重要キーワードといってもよいくらいです。出し惜しみせず、機会があれば積極的に言葉にして伝えましょう。

「ありがとう」を英語で伝えるなら、まずは基本表現「Thank you.」を使いこなそう

英語にも感謝を伝える表現は色々とありますが、その中でも Thank you. はいちばん基本的であり、汎用的で、たいていの場面・脈絡で無難に使える感謝の表現です。

Thank you for ~ のようにヒトコト付け足す表現を thank you の派生表現として(含めて)捕らえてしまえば、もう大半の場面において Thank you (~). の表現が適切に使えると言ってしまえます。

真心を伝える言葉はシンプルであればあるほど伝わりやすいものです。感謝の強さやニュアンスは、言葉そのものよりも、むしろ表情・身振り・声の調子、言い出す場面(前後の脈絡)などで表現した方が効果的です。

ということで、まずは「 Thank you . 以外の適切な表現を探す」と考えるよりも先に「Thank you . の言葉を使ってどのように感謝を表現するか」と考えることをオススメします。

――【余談】――
Thank you. は、I thank you. の主語が省略された慣用的な言い回しである、と解釈できます。thank は「感謝する」という意味合いの他動詞です。
つまり、 (I) thank you. を文字どおりに直訳すると「(私は)あなたに感謝します」といった表現に近いといえます。
「ありがとう」という訳語はちょっと意味を汲んだ(意訳の入った)表現かもしれません。
とはいえ、Thank you. と「ありがとう」は意味、用法、使いどころやニュアンスはほぼ完璧な対応関係にあります。
ということで「Thank you. = ありがとう」という対応関係で把握してしまって大丈夫というわけです。

「ありがとう」と英語で伝える場面で「Thank you. 」がサラッと言えるようになったら、少し表現を工夫して、丁寧なニュアンスやカジュアルなニュアンスを演出してみましょう。

「ほんとにありがとう!」感謝の強さを伝えるなら Thank you so much !

感謝の気持ちは Thank you. だけでも伝わりますが、さらに Thank you so much. あるいは Thank you very much. のように表現を付けたして強調すると、「とっても感謝しています」「本当にどうもありがとう」という感謝の気持ちの強さが表現できます。

very much も so much も、いずれも動詞に係った副詞表現です。

実際の使用頻度としては、 Thank you so much. のほうが日常的によく用いられているといえます。とはいえ ~ very much も決して使われていないというわけではなく、普通に通用します。

Thank you so much.

本当にありがとう

Thank you so much. は感謝の度合いを so much(≓とっても!) で強調した言い方です。

so という単語のニュアンスがややカジュアル寄りであり、フォーマルな場面で丁寧にお礼を述べるような場面には不向きですが、家族や友人といった近しい間柄の人に親しみを込めて感謝するような場面にはぴったりです。

Thank you soooo much !!

「so」は、語気を強めて伸ばし気味に発音することで、強調の度合いを示しやすい語です。つまり、Thank you sooooo much ! という風に so を大げさに強調することで「ほんっッッッとうにありがとね!」みたいな直情的ニュアンスが表現できます。

会話中では「そーーーーー」と伸ばして発音する感覚で、Twitterやメール、チャット等で文字として表記する場合も soooo のようにoをいくつも連ねることで表現されたりします。

Thank you very much.

ありがとうございます

Thank you very much. は、Thank you . よりも懇切で篤い感謝の表現であり、Thank you . および Thank you so much. と比べるといくぶん丁寧な響きを含むニュアンスの表現といえます。

親密な間柄の人に対する感謝としては、いくぶんよそよそしい印象を与えることもあり得ますが、初対面の相手へ感謝を述べる場面や、多少かしこまった振る舞いが求められる場面、あらたまってお礼を述べるような場面などでは、ほどよい丁寧さとして上手く響きそうです。

Thank you very much. と Thank you so much. の具体的な違いとは

so much と very much は、強意強調の表現である、という点では大きな違いはありません。

でも very には、やや客観的な尺度を用いて述べている感じがあり、so は逆に主観を主とする尺度を用いている感じがある、というニュアンス差があるようです。

 

英語圏のQ&Aサイト「Quota」上の質問と回答――
( https://www.quora.com/What-is-the-difference-if-any-between-Thank-you-so-much-and-Thank-you-very-much )

【Q】
What is the difference, if any, between “Thank you so much” and “Thank you very much”?
「Thank you very much.」と「Thank you so much. 」の違いって、もし違いがあればだけど、一体何だろう

(ネイティブスピーカーDylan Turnerの回答)
“Thank you so much” is very personal and deep.
“Thank you very much” comes off as more formal.
so much の方はかなり私的(個人的)かつ深い感謝。
very much の方は、もっとフォーマルと受け取れる。

(作家Drew Nicholの回答)
‘Thank you so much’ (emphasis on ‘so’) conveys a deeper, more heartfelt gratitude, often with an overtone of surprise and also of humility.
‘Thank you very much’ is a little more mundane even if ‘very’ is emphasised.
But the meaning of each is the same.
so much の方は、(so を強調すると)より深く心のこもった感謝を伝える。驚きやへりくだりのニュアンスを含む場合もよくある。
very much の方は、very が強調されたとしても、やや凡庸。
とはいえどちらの表現も意味は同じ。

 

ちょっと変化球っぽい言い方として、否定文をった言い方もできます。

I can’t thank you enough.

感謝してもしきれません

「どれだけお礼を言っても充分(enough)でない」と述べて感謝の度合いの強さを表現する言い方。

本当に深く感謝している、言葉では言い尽くせないほど、という雰囲気はこうした表現が合います。

よりカジュアルな雰囲気は省略気味の表現で演出できる

英語には、言葉を費やすことが表現の丁寧さにつながり、言葉を簡素に済ませるとカジュアルな雰囲気が出る傾向があります。

カジュアルな表現は、相手との親密さ(心理的距離の近さ)を表現する手立てでもあります。使える場面では積極的に使っていきましょう。

Thanks.

ありがとー

Thanks. はかなりカジュアルな雰囲気のある表現です。日本語で「お、サンキュー!」と述べる場面に近い軽いノリがあると捉えて良いかもしれません。

文法的には、Thank you. の thank は他動詞と解釈できますが、Thanks. の thank は名詞 thank の複数形と解釈できます。とはいえ、どちらも文法の枠組みを外れた慣用的な言い回しです。

thank の語は音節(syllable)が1音しかありません。つまり、すごく言いやすい一言です。

Many thanks.

ほんとにありがとね

thanks を強調する表現として、 many を加えて many thanks と述べる言い方があります。(thank が名詞で、しかも可算名詞扱いされていると推察できます)

たくさんお礼を言いたいというニュアンスを軽く伝える表現と言えるでしょう。

Tanks a lot.

ほんとにありがと

Tanks a lot. は Thank you so much. と同じ感覚で使える感謝の強調表現です。フランクさの度合いも強めなので、カジュアルな場面で使いましょう。

Tanks a lot. の文法的構造は実は微妙です。この thanks は thank you が短縮された言い方と捉えてしまった良いかも知れません。

Thanks a million.

もっと存分に感謝の度合いを強めたい場合には thanks a million という言い方も使えます。

million (100万)は数を誇張して述べる典型的な言い方で、100万という桁そのものに具体的な意味があるわけではありません。

Thx ( tnks )

ども。あり

ソーシャルメディアやチャットなどのでテキストを記述する(かなりフランクな)場面では、thanks の表記を削って thx と綴る場合が多々あります。読み上げるとすれば thanks と同じ /θaŋks/ の発音になるでしょう。

インターネット上のくだけたコミュニケーションでは意思疎通できるギリギリまで文字を削って隠語めかす言い方がよくあります。たとえば brother → bro とか、yes を y とだけ書くような場面もあります。

Thank you for ~  の形で感謝している具体的な内容を明示できる!

ちょっと時間が経ってからお礼を言う場合や、お礼の対象になり得る行動がいくつか挙げられる場合は、何事について感謝を述べているのかも言い添えて伝えましょう。

「~について感謝します」という意味は基本的に thank you for ~ という言い方で無難に示せます。

for は前置詞なので、続く語は名詞でなくてはならないという点に注意しましょう。行為・行動について感謝する場合は、その行為を指し示す名詞表現か、あるいは動詞を動名詞の形にして用います。

Thank you a lot for everything !
何から何まで本当にありがとう
Thank you very much for coming to my party.
パーティにお越し頂きありがとうございます

「感謝の対象となる行為」というか、「相手に感謝を伝える場面」というか、いわゆる感謝フレーズの使用場面は大方絞られます。

「連絡くれてありがとう」とか「心配してくれてありがとう」というような、発生しがちな状況で使える感謝の表現は、あらかじめ把握しておきましょう。そうすればスンナリと感謝の気持ちが伝達できます。

Thank you for your email.

メールをありがとう

Thank you for your email. は、電子メールのやりとりをしている際に使える基本フレーズです。やりとりの内容いかんに関わらずメールを送ってくれたことに対して感謝の気持ちを伝えます。

日本語感覚で「メールを送ってくれてありがとう」の訳を考えると、Thank you for sending ~ というような表現を思いつきがちですが、こう表現すると send =メールを送信した事実に特に焦点が当たってしまいメールの内容が二の次みたいなニュアンスが出かねません。Thank you for your email. を定型表現として把握しましょう。

Thank you for your comment.

コメントをありがとう

ソーシャルメディアへの投稿などにコメントをつけてもらった際の返答は Thank you for your comment ! が定番と言えます。

you は複数形(あなた方)の意味も取れるので、複数名からのコメントに対して Thank you for your comments ! と一括返すこともできます。

Thank you for your message.

メッセージをありがとう

お祝いの言葉、言づて、コメント等々、言葉を投げかけてもらった場面では Thank you for your message. の一言が幅広く使えます。

表現自体はメッセージ(をくれたこと)へ感謝することのみ示すため、お祝いのメッセージに対して用いればお祝いへの感謝を、備忘のための念押しの一言に対して用いれば念押し気遣いへの感謝を、と、何にでも対応できる汎用的な言い方です。

Thank you for your reply.

返信をどうもありがとう

Thank you for your reply. は、手紙・メール等の往復のやりとりで便利使える表現です。

メールでは冒頭でまず感謝を述べる、次に本題に入る、という構成がよく使われます。まず相手への感謝を表明することで、相手もポジティブな気持ちになり快く本文を読み進められます。

Thank you for the reply. でも通じます。

相手が迅速に返信してくれた際には Thank you for your quick reply(早々の返信をありがとう)のように表現すると、返信そのものへの感謝と返信の早さへの感謝も表現できます。

Thank you for calling me.

電話してくれてありがとう

Thank you for calling me. はもっぱら電話で用いられる感謝表現です。待ち人からの電話、あるいは、本来こちらから連絡すべきといえる所を相手が電話して来てくれた場合などに使われます。

Thank you for giving me a hand.

手を貸してくれてありがとう

give me a hand は「手を貸す」という意味合いの言い方。手助け・助力に対する感謝の気持ちを伝える表現として幅広い場面で使えます。雑用やちょっとした事の助力といったニュアンスがあるかも知れません。

使用場面は幅広く、たとえば荷物運びを手伝ってもらった時や、食事の支度を手伝ってもらった時など、場面を問わず使えます。

Thank you for your concern.

心配してくれてありがとう

「大丈夫?」「どうしたの?」「何かあったの?」というように、心配げに声をかけてくれた人には、Thank you for your concern. と返しましょう。

体調を崩したときや悩みを抱えている時などに、声をかけてもらえることは、ありがたいものです。

できれば可能な範囲で事情を伝えて、相手を安心させたいものです。このところ忙しくてね、とか、そんな感じで。

Thank you for your birthday wish.

誕生日お祝いメッセージをありがとう

birthday wishes は「誕生日のお祝い(メッセージ)」を指す表現です。Happy birthday! のような言葉をもらった際にはコレで返しましょう。

Thank you very much for remembering my birthday.

誕生日を覚えていてくれてありがとう

普段はコミュニケーションを取る機会の少ない友人・知人から誕生日のお祝いメッセージを贈ってもらった場合などには、Thank you for remembering my birthday. のような表現でメッセージを返してみましょう。「覚えていてくれたんだねありがとう」と返すことで、より状況に沿った返信メッセージに近づき、定型的でない心のこもった雰囲気が出せます。

Thank you so much for your lovely wishes for me.

素敵なお祝いをしてくれて本当にありがとう

lovely wishes は日本語の「素敵なメッセージ」くらいの意味合いで、愛おしい、可愛らしいといったニュアンスを強めに表現できる言い方です。親しい友人か真心の伝わるメッセージややバースデーカードを受け取った際などにはぴったり来る表現です。

Thank you for your time.

お時間をいただきありがとうございます

Thank you for your time. の一言は、会議や打ち合わせなどで参加者の面々へ「時間を割いてくれたことへの感謝」を伝える表現です。

打ち合わせを始める際に冒頭の一言として述べてもよいし、打ち合わせの最後に締めの一言として述べてもよいでしょう。

Thank you for your cooperation.

ご協力ありがとうございます

協力(cooperate)への感謝を伝える表現はシンプルで、幅広い場面で使えます。

公共交通機関などでは、乗客へ利用中の注意事項・禁止事項(携帯電話の使用を控える等)を伝える際に Thank you for your cooperation. のフレーズを言い添えます。お願いと同時にお礼を述べて積極的な協力を依頼している形といえます。

Thank you anyway. (ちょっと番外編)

いずれにしてもありがとう

Thank you anyway. は、結果は不本意に終わった(うまくいかなかった)けど、そこに至るまでの協力や応援などの厚意についてお礼を言う、という場合に使われる表現です。

anyway は「とにかく」「どのみち」といった意味合いの語。

たとえば、どうしても欲しいものがあって、友人にも入手方法を探してもらったり購入手続きを手伝ってもらったりしたけれど、結局手に入らなかった、という状況で使えます。


「thank」より丁寧さが表現できる感謝の表現

感謝を示す表現としては、Thank you の他に I appreciate や I am grateful といった表現もあります。どちらも、より丁寧でフォーマルな印象のある表現です。

I am grateful for ~

grateful は「感謝している」「ありがたく思っている」という自分の気持ちを述べる語です。形容詞なので be動詞を伴います。

I am grateful for your advice.
アドバイスいただきありがとうございます

grateful はビジネスシーン等でお礼の気持ちを伝える際におすすめできる表現です。ビジネスシーン以外でも、やや改まった感謝のフレーズとして活用できます。

grateful と同様に「感謝の気持ち」を示す形容詞に thankful があります。I’m thankful for the help. のように表現でき、訳文も「(~を)ありがとうございます」のように訳せますが、thankful はどちらかというと「自分は幸運と思う」「よかった」というニュアンスを強めに含む表現とされます。

I appreciate ~

appreciate は「感謝する」「ありがたく思う」という意味の他動詞です。目的語には基本的に人以外の行為・厚意を置きますが、人(you)を置いて I appreciate you. と述べる言い方も慣用的に用いられています。

I appreciate it.
感謝しております

「your 厚意」の表現で感謝の相手を明示する

I am grateful も I appreciate も、それ自体は「感謝している」ことしか表しておらず、「あなたに(感謝します)」という部分を明示しません。文脈によっては感謝の対象が曖昧になることもあります。

I appreciate your concern. のように、名詞を所有格で形容して表現すると、「あなたの気遣い(に)」という趣旨が満足に表現できます。

I am grateful for your advice.
助言いただきありがとうございます
I appreciate your concern.
お気遣いありがとうございます

所有格代名詞 your を使わずに対象を示す場合、grateful なら grateful to you for ~ のように表現しましょう。

appreciate の場合は I appreciate you doing. の形で表現する言い方があります。

I am very grateful to you for your kindness.
ご厚情に深く感謝いたしております
I appreciate you pointing it out.
ご指摘に感謝いたします

もっと自由な発想で感謝を伝える言い方

thank you や appreciate 、 grateful といった定型表現を使わなくても、感謝を伝えることはできます。感謝していることを率直に言葉にすれば、型にはまった「ありがとう」以外の言い方でも充分に、場合によってはそれ以上に、気持ちやニュアンスが伝わります。

状況別うまい言い方

You shouldn’t have.

わざわざどうもありがとう

You shouldn’t have. は文字通りに訳するなら「そんな必要なんてなかったのに」といったところ。贈り物をもらった際に「そこまでして頂くことはなかったのに(でもありがとう!)」という意味合いを込めて感謝を伝える表現です。

たとえば旅行のお土産を受け取ったり、お祝い事でプレゼントをもらったりしたような場面で使える半ばお決まりのフレーズです。

You shouldn’t have. はお礼の言葉として一般的ではありますが、字面通り「そんなことすべきではなかった」(You shouldn’t have done it.)という意味合いでも使われることがあります。語弊がないように声や表情などでも感謝の気持ちを存分に伝えましょう。

I owe you a lot.

本当にあなたのおかげです

owe は「負う」、つまり「借りがある」さまを指す動詞です。 I owe you a lot. は直訳すれば「あなたにたくさんの借りがあります」というところで、多くの恩義を受けている、あなたは恩人だ、という意味合いを示します。

日本語で言うところの「多くの借りがある」と同じ表現と捉えてよいでしょう。ただし必ずしも「受けた恩義は返さなくてはいけない」というような前提を含むわけではありません。

That’s very nice of you.

ご親切にどうも

nice には「親切な」「優しい」という意味もあり、《nice of 人 to do》の形で「~するとはなんてお優しい」という意味合いが表現できます。ニュアンスは「ありがとうございます」に通じます。

You’re nice to do でも同じ意味合いが表現できます。日本人としては少し軽い響きに聞こえてしまいますが……

nice は同様の意味で使える形容詞に置き換えることもできます。たとえば That’s very sweet of you. とか That’s very kind of you. と言っても、ほぼ同じ意味の感謝が表現できます。

You’re the best!

あなたって最高

自分の感激度合いを示す表現で相手への感謝の伝える言い方も充分に有効です。You’re the best ! は「あなた最高にステキ」と述べる言い方ですが、これも状況に応じて感謝の表現になります。

状況によっては単に客観的に「あなたが一番だわね」と述べている文章になり、特に感謝の意味を含まない、ということにもなります。You’re the best ! と言える相手は普段からよく接している仲の良い間柄にほぼ限られるという点も含め、使用機会と言外の伝え方には注意しましょう。

Cheers!

ありがとう!

Cheers! は主にイギリス英語圏(英国、オーストラリア、ニュージーランド等)で用いられる感謝のフレーズです。ちょっとしたことに対するお礼を述べる際に、Thank you. の代わりに用いられます。

Cheers! を感謝のフレーズとして用いる地域では、見知らぬ人同士のあいさつ表現としても使います。たとえば電車やバスで座席を譲ってもらった場合や、道を教えてもらった場合などに、多少の気さくさと親愛さを込めて Cheers! と伝えます。

言葉よりも気持ち、感謝を伝える気持ちが重要

感謝を伝える表現はいくら挙げてもきりがないほど挙げられますが、表現の種類ばかり豊富に知っても、それは「仏作って魂入れず」というものです。

重要な部分は文飾ではなく、言葉の背後に込められた気持ちそのものです。

言葉足らずでも気持ちは伝わります。この気持ちを伝えるには今の語彙力では足りない、という状況に至れば、適切な表現を探して吸収することは苦にもならないはずです。

 





WebRTCで無料英会話