相手の英語を「聞き返す」重要性、その具体的技術

相手の英語が理解できずに聞き返すというシチュエーションは、会話中ではよくあることです。これは学習者に限ったことではありませんし、英語に限ったことでもありません。差があっても程度問題に過ぎません。

理解できなかった事柄はすかさず聞き返すことがコミュニケーションのコツです。質問それ自体がコミュニケーションでもあり、相手に説明したもらったり言い直してもらったりするプロセスはこれ以上ない学習となります。

理解できなかったからといって押し黙ってしまうことは、コミュニケーションの放棄につながります。

英語を聞き返すことは、英会話を上達させるために必要なスキルのひとつと考えてよいでしょう。コミュニケーションスキルの重要な要素でもあります。

相手に聞き返す際のフレーズは複数種類あり、状況に応じて使い分けることができます。特に、友達との気さくでカジュアルな会話と、ビジネスシーンや公の場面でのかしこまった会話では、表現の使い分けを意識しておく必要があります。

相手に聞き返す表現

カジュアルな表現

Come again?
何?もう一度お願い

とてもくだけた英語表現です。親しい間柄で使いましょう。

Sorry?
ごめん、(聞き取れなかった)

とても簡素で、会話中に差し挟みやすい言い方です。

What do you mean by that?
どういう意味だろう?

相手が何を言いたいのかを尋ねる表現です。ちなみに、What do you mean? だけを使って尋ねれば「どういうことですか?」と、相手が言ったことに対して説明を求める表現となります。
しかし、What do you mean? はイライラした様子で「は?どういう意味だよ?」と相手に迫る表現としても使われるので、語気に注意して使いましょう。

What do you mean?
どういう意味か説明してくれますか?

フォーマルな表現

Pardon me?
申し訳ありませんが・・・(もう一度おねがいできますでしょうか)

短いフレーズのため覚えやすい、かつ丁寧な表現です。

Could you say that again?
Could you repeat that, please?
もう一度おっしゃっていただけますか

could you ~ という婉曲的表現をつかった丁寧な依頼表現です。

I beg your pardon?
恐れ入りますが・・・(もう一度お願い致します)

かなりかしこまった表現です。省略形として「Beg pardon?」もあります。さらに「Pardon?」とも言えます。
道で見知らぬ人にぶつかったときにも使えます。

man-742880_640


聞き返しても理解できず、再度聞き返す場合

聞き返して繰り返してもらったけど、言葉自体が初耳で、内容はやっぱり分からない。そんな場合もあります。

いちど聞き返しても相手の発言が理解できなかった際には、言い方を工夫しつつ、もう一度聞き返してみましょう。

カジュアルな表現

Sorry, I don’t understand it.
こめん、わからないや

相手に「理解できない」と伝えることができます。

Can you speak more slowly?
少しゆっくり話してもらえるかな

相手の会話速度が早すぎて聞き取れない場合に使える表現です。

Can you explain that in simple terms?
簡単な言葉で説明お願いできる?

話が難しい時に、簡単な英語での説明を求めることができます。

フォーマルな表現

Could you speak a little more slowly, please?
もう少しだけゆっくりお話願えますでしょうか

相手の英語が早すぎる場合に使える、丁寧な表現です。

Could you please tell me what I should do next?
私は次に何をするべきでしょうか

とるべき行動について尋ねる(という形で要旨を改めて尋ねる)表現です。

Could you be more specific, please?
より具体的に、伺ってもよろしいでしょうか

話や表現が抽象的すぎていまひとつ理解できなかった場合にはこのように聞き返せます。

「Could you」を使った表現はいずれも、「Would you」に置き換えても同様に表現できます。


いつでも初心は大事

英語が身について慣れてくると、聞き取った英語も何となく理解できた気になって、聞き返さずに済ませがちになります。しかし! 聞き返すことが知識を蓄える絶好の機会であるという意味では、聞き返さずに話を進めることは非常にもったいない機会損失です。

相手の英語を聞き返す余裕のある場面なら、分からなかったことはすかさず聞き返す習慣は、十分に上達した後々まで保ち続けておくべきと考えましょう。効率を最優先する商談のような場でも、誤解や誤認を防ぐという意味で聞き返すことは有益です。

細かく煩雑な積み重ねではありますが、経験を重ねていけば、発音や表現の揺れや個人差を含む幅広い対応力が身につきます。最終的には、どんな英語でも理解できる英語の達人に到達できるでしょう。

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話