【まとめ】TOEICの記事一覧

TOEICに関連してる記事をまとめたよ!

TOEIC(R)テスト教材推薦ウェブサイトの注意点

TOEICの関連書籍は数が多く、どれを選んでよいか悩みます。教材・参考書を選ぶに当たっては各種ウェブサイトの書評・書籍紹介が大いに役に立ちます。TOEICのおすすめ書籍を中心的に取り上げているウェブサイトや特集ページも多く、豊富な情報を得ることができます。

ただし、インターネット上で公開されている情報が、すべて信用できるとは限りません。まるごと鵜呑みせず、注意しながら参考にするテクニックが必要です。

とりわけ「極端なことを言って特定の本を薦めている」、「オンライン書店の書籍購入ページへ案内するリンクが各所に設置されている」といった傾向のあるウェブサイトは、書籍を購入させて副収入を得ることを第一の目的としている可能性があります。良書の紹介よりも「いかにこのページを経由して書籍を買わせるか」を主眼としている以上、紹介内容も誘導的な内容と考えざるを得なくなってきます。

666165064

利用者の個々の感想も手放しでは信用できない面があります。純粋な利用者でなく、書籍の関係者が、商品の印象を操作するためにユーザーとして投稿している場合があるためです。

つきつめれば、オンラインの情報に限らず他人の評価は自分の評価と一致することはありません。最終的には自分で判断する他ないと言えます。だからこそ、できるだけ書店などで実物を手に取り、自分にとって使いやすそうか否かをよく吟味して、書籍を選びたいところです。

TOEIC(R)テストおすすめ参考書を「フィーリングで」選ぶ

TOEICテストの試験対策用の参考書は数限りなく刊行されています。実に数え切れないほどあります。種類が豊富な反面、どの教材を使えばよいのか分からなくなってしまいます。オススメの参考書は? といっても、人によって良し悪しの感じ方も違い、オススメ本も違うので余計に混乱してしまいます。
続きを読む

TOEIC(R)テストの「合格点(?)」は

TOEICテストは英語のコミュニケーション能力がどの程度のレベルにあるのかを測定する、いわばモノサシとしての役割を持っています。英語の実力に関わらず同じ内容のテストを受け、実力のレベルが点数(スコア)として示されるます。このような性質から、TOEICテスト自体にはそもそも合格・不合格のような区分がありません。
続きを読む

TOEIC(R)テストの語彙数と語彙レベル

文章を理解するには、まず文中の言葉(の大半)の意味を理解している必要があります。語学学習ではこの「語彙力を増やす」という点が要素が欠かせません。TOEICテストでも、単語やイディオムをどのくらい身につけているか、がスコアを大きく左右する要因となってきます。
続きを読む

もっと先のページを見る:10

TOEICⓇテストに関連する記事をまとめました!
TOEICの勉強法、申し込み方法などの情報から、スコア、参考書、問題、結果についてなど、TOEICについて解説しています。

▼TOEICとは?
TOEICとは英語の検定の一種で、トイック、トーイックなどと発音されます。
コミュニケーション英語能力を測る試験で、身近な内容からビジネスまで幅広い内容が扱われています。

▼TOEICの問題
TOEICの問題はリーディング・リスニングの2種類からなり、結果は合否ではなく、990点満点のうち取得できた点数(=スコア)によって発表されます。

▼TOEICへの申し込み
申し込みは試験日の約2か月前から、インターネットまたはコンビニ端末より可能です。

▼TOEICの試験日および結果
TOEICの試験結果は試験日から30日以内に郵送されます。試験日はほぼ月一で設定されており、2018年の試験日程もすでに公開されています。

▼TOEIC対策・勉強法
勉強法は講座などを受講したり、独学で勉強する方法があります。
なお、独学の場合はTOEIC公式問題集をはじめ、様々なテキストが販売されているので、自分にレベルや目標に合った問題集や単語帳を選び、学習することができます。




WebRTCで無料英会話