【まとめ】TOEICの記事一覧

TOEICに関連してる記事をまとめたよ!

TOEIC(R)テストの日程変更は可能か

TOEICテスト(公開テスト)では、申し込みが完了した後の試験日の変更はできません。欠席は自由ですが、欠席する場合も受験料は返金されません。申し込みの前に予定を十分に確認し、申し込み完了後はうっかり他の予定を入れてしまわないように気をつけましょう。
続きを読む

TOEIC(R)テストはマークシートの塗りつぶし方のコツ

TOEICテストの問題は全部で200問、回答はマークシートを塗りつぶす方式です。マークシートを塗りつぶす作業には、1問あたり数秒かかります。これが200問あるわけですから、塗りつぶしにかかる時間も決してばかにできません。
続きを読む

TOEIC(R)テストはマークシートの塗りつぶしに最適な筆記具を使う

TOEICテストの回答はマークシート方式です。4つの選択肢から正解にあたる楕円を黒く塗りつぶす方式で回答していきます。方式自体は単純ですが、TOEICテストは全200問からなることを踏まえると、「塗りつぶし」の方法もぜひ工夫したいところです。
続きを読む

TOEIC(R)テストの試験場所は変更できる?

TOEICテスト(公開テスト)では、「受験地」を選択・指定することは可能ですが、個々の「試験会場」を指定することはできません。申し込みが完了してから、試験会場が最寄りの施設でなかったという場合にも、会場を変更することはできません。
続きを読む

フィリピンに留学してTOEIC(R)テストを受験する

アジア圏の英語の語学留学先として人気の高いフィリピンなどでは、TOEIC対策に特化した語学学校も開校しており、外国人留学生を主な対象とするTOEIC対策コースを提供しているところがあります。フィリピンに語学留学し、そのまま現地でTOEICテストを受験する、という短期留学プログラムを提供している事業者もあります。
続きを読む

TOEIC(R)テストに伸び悩んだらテスト対策も必要

TOEICテストを受験しつつ勉強を進めていくと、それまで順調に伸びていたスコアがぱったりと伸びなくなる「壁」に突き当たることがあります。600点が超えられない、700点台なかばでうろうろしている、というように100点ごとに壁を感じる人が多いようです。
続きを読む

初めてのTOEIC(R)テスト【3】テストは2時間、問題数は200問

TOEICテストの試験時間は2時間に及びます。2時間にわたって集中力を維持することは容易ではありません。さらに設問は計200問もあり、序盤で時間を割きすぎれば解く時間は足りなくなります。毎回、最後の方は全く着手できずに終了してしまった受験者が少なからずいます。時間配分を常に意識して試験に臨む必要があります。
続きを読む

TOEIC(R)テストの認定機関はどこか

TOEICテストはアメリカのETS(Educational Testing Service)が制作しています。採点(スコアの算出)もETSが行っています。テストの運営・実施は、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が行っています。TOEIC公開テストを受けると交付される「公式認定証」は、この国際ビジネスコミュニケーション協会の名のもとに発行されます。
続きを読む

もっと先のページを見る:10

TOEICⓇテストに関連する記事をまとめました!
TOEICの勉強法、申し込み方法などの情報から、スコア、参考書、問題、結果についてなど、TOEICについて解説しています。

▼TOEICとは?
TOEICとは英語の検定の一種で、トイック、トーイックなどと発音されます。
コミュニケーション英語能力を測る試験で、身近な内容からビジネスまで幅広い内容が扱われています。

▼TOEICの問題
TOEICの問題はリーディング・リスニングの2種類からなり、結果は合否ではなく、990点満点のうち取得できた点数(=スコア)によって発表されます。

▼TOEICへの申し込み
申し込みは試験日の約2か月前から、インターネットまたはコンビニ端末より可能です。

▼TOEICの試験日および結果
TOEICの試験結果は試験日から30日以内に郵送されます。試験日はほぼ月一で設定されており、2018年の試験日程もすでに公開されています。

▼TOEIC対策・勉強法
勉強法は講座などを受講したり、独学で勉強する方法があります。
なお、独学の場合はTOEIC公式問題集をはじめ、様々なテキストが販売されているので、自分にレベルや目標に合った問題集や単語帳を選び、学習することができます。




WebRTCで無料英会話