【まとめ】TOEICの記事一覧

TOEICに関連してる記事をまとめたよ!

TOEIC(R)テスト対策に「ビジネス洋書」のススメ

TOEICテストの長文読解問題では求人広告や業務連絡といったビジネス関連の話題がかなりの割合で出題されます。単語や表現は通常の英文と大して変わらないのですが、単純に呼むだけでは内容がよく把握できない可能性があります。ビジネスの文脈において、単語や表現がどのような意味合いを持つのか、を事前に把握しておくことが重要になってきます。
続きを読む

TOEIC(R)テスト 単語は類義語とセットで把握する

TOEICのパート5(Part 5)「短文穴埋め問題」では、非常によく似た語が選択肢に並ぶパターンが多く登場します。その「似かた」にも複数のパターンがありますが、特に「字面がよく似ていて、意味は微妙に違う」単語の並ぶパターンでは、類義語や語源が同じ単語に対する意味の違いを正しく理解しているかどうかが試されます。
続きを読む

TOEIC(R)テスト対策「副詞と形容詞の違い」の重要性

英語の「副詞」と「形容詞」、および名詞や動詞といった、品詞の違いを正しく区別することは、TOEICテスト対策のテクニックとして重要となります。というのも、リーディングセクションのパート5で出題される穴埋め問題の中で、品詞の区別がカギとなる問題が出題されており、語順や語形から品詞を判別できると英文の意味を考えずに回答できてしまう場合があるためです。
続きを読む

TOEIC(R)テストを初めて受ける人の心得

TOEICテストはいくつかの特徴があります。「テストがどのような感じで行われるか」を、あらかじめ把握しておかないと、試験本番で面食らってしまって実力が全然発揮できないことにもなりかねません。逆に言えば、試験の概要を少しでもしていれば、試験本番の労力を省くことができます。「ぶっつけ本番の実力勝負」といって準備なしに挑戦する考え方もよいでしょうが、ぜひ試験の特徴を知った上でテストに臨んでください。
続きを読む

TOEIC(R)テスト「スコア900」という数字の根拠は

TOEICテストのスコアと実際的な英語能力との関係は、多くの場合「英語資格試験難易度相関表」( http://www.tek.co.jp/OGAWA/chart.html )のような表が参考にされています。「スコア470点」や「スコア730点」といった数字も、この「相関表」が元になっている場合が多いと言えます(※公式資料にも登場しますが)。
続きを読む

もっと先のページを見る:10

TOEICⓇテストに関連する記事をまとめました!
TOEICの勉強法、申し込み方法などの情報から、スコア、参考書、問題、結果についてなど、TOEICについて解説しています。

▼TOEICとは?
TOEICとは英語の検定の一種で、トイック、トーイックなどと発音されます。
コミュニケーション英語能力を測る試験で、身近な内容からビジネスまで幅広い内容が扱われています。

▼TOEICの問題
TOEICの問題はリーディング・リスニングの2種類からなり、結果は合否ではなく、990点満点のうち取得できた点数(=スコア)によって発表されます。

▼TOEICへの申し込み
申し込みは試験日の約2か月前から、インターネットまたはコンビニ端末より可能です。

▼TOEICの試験日および結果
TOEICの試験結果は試験日から30日以内に郵送されます。試験日はほぼ月一で設定されており、2018年の試験日程もすでに公開されています。

▼TOEIC対策・勉強法
勉強法は講座などを受講したり、独学で勉強する方法があります。
なお、独学の場合はTOEIC公式問題集をはじめ、様々なテキストが販売されているので、自分にレベルや目標に合った問題集や単語帳を選び、学習することができます。




WebRTCで無料英会話