【要注意!英語?表現】「マグカップ」は微妙な和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の要注意表現は「マグカップ」。

「マグ《カップ》」は蛇足、「マグ」だけでよい

日本語で「マグカップ」と呼ばれる飲み物用の器は、英語では単に mug と呼ばれます。

mug は取っ手のついた比較的大きめの容器を指す呼び名で、語彙の粒度としては cup と同等、相互に交換可能な語です。mug ≓ cup 。つまり、mug cup という言い方は「チゲ鍋」とか「冷却クーラー」とか、「ハンドルネーム名」と言うに等しい重言なのです。

日本人は「マグ」と言われてもピンと来ないので、日本語としては「マグ(という種類の)カップ」という補足的な呼び名もアリといえばアリでしょう。ということで、マグカップは和製英語と割り切って、英語では mug と表現しましょう。

drinking-1839680_640





WebRTCで無料英会話