【一応通じる英語】 持ち帰り=「テイクアウト」は伝わるだろうけど微妙な英語表現

和製英語に要注意! それはネイティブが使わない英語・ネイティブに通じない英語です。

今回の要注意表現は「テイクアウト」。これ自体は正しい英語表現ですが、そのうえで、ひとこと物申したい。

take out にも「テイクアウト」の意味はあります

日本語の「テイクアウト」は、もっぱらファストフード店などで(店内で食べずに)持って帰って食べること、店外で食べるために持って帰ることを指します。英語にも take out という熟語表現があり、「食べ物のお持ち帰り」の意味・用法があります。

ただし、「食べ物の持ち帰り」の意味で使う場合は、take-out food のように形容詞的に使う言い方が普通です。

Here’s why takeout pizza comes with that little piece of white plastic
テイクアウト用ピザに白いプラ素材のアレが備わるようになったワケ
――  Business Insider

※ちなみに、白いプラ素材のアレ↓
The Rick Special

ファストフード店などで「店内で、それともお持ち帰りで」の選択肢として「take out」と伝えても、とりあえず意図は伝わるでしょう。ただし、英語としては一般的とはいえない言い方であるという点は踏まえておきましょう。

なお、 take out の根本的な意味合いは「取り出す」「持ち出す」といったところです。文脈によっては「搬出」のようにも訳されます。


英語で「テイクアウトで」は「to go」や「take-away」といいます

店頭で「持ち帰りで」と述べる場合に使われる表現は、アメリカ英語では主に to go 、イギリス英語では take-away が一般的です。
hamburger-801942_640

アメリカ英語では to go が主流

I’d like four veggie burgers to go.
ベジバーガーを4つ、持ち帰りで

持ち帰りに対して「店内での召し上がり」は、アメリカ英語では for here が主流です。店員さんが「店内で、それともお持ち帰りで?」と訊ねる場合は  For here, or to go ? のように聞いてきます。

イギリス英語では take away が主流

Two special hamburgers, take-away, please.
スペシャルバーガー2つ、持ち帰りでお願いします

イギリス英語では「店内で」は eat-in が多く用いられるようです。

店員さんの質問を受けて表現をならうのも手

ファストフード店のように店内飲食と持ち帰りのどちらも主流の飲食店では、一通り注文したら「店内で、それとも持ち帰りで」と向こうから質問してくれます。その段階で  For here, or to go ?  のように、現場で一般的な表現が判明します。

to go 、take-away 、for here 、eat-in といった表現こそあらかじめ把握しておく必要がありますが、どの表現を使えばよいかは、その場で判断してしまってもよいでしょう。

そして、本当に言い方に迷ったら take out と言って伝えてしまいましょう。





WebRTCで無料英会話