【要注意!英語?表現】「クラクション」は要注意の英語表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の要注意表現は「クラクション」。

「クラクション 」は和製英語。klaxon は通じない英語

日本語で言うクラクション (klaxon)は、英語では正しくはhorn、あるいは honking horn と表現します。

クラクションは元々は製造会社klaxon(クラクソン)の名称です。一般的な英語にはありません。

「クラクション 」は英語でこう言おう!

クラクションがうるさくて、仕事に集中できない。

The horns are so noisy that I can’t concentrate on my work.





WebRTCで無料英会話