【通じない英語】 モーニングサービス (morning service)は誤解を招く要注意英語

和製英語に要注意! それはネイティブが使わない英語・ネイティブに通じない英語です。

今回の要注意表現は「モーニングサービス」。

その「モーニングサービス」は和製英語

日本語でいう「モーニングサービス」は、ホテルや飲食店が朝の時間帯に提供する割安のセットメニューを指す言い方ですが、これは英語では breakfast special のように表現します。

割安という意味合いで述べるなら discounted breakfast のように表現してもよいでしょう。いずれにしても「朝」(breakfast)と明示する言い方が普通です。

英語の morning service は「朝方の礼拝」

英語にも morning service という表現があり、これは朝に行われる礼拝を意味する語として用いられます。宗教的なおつとめです。

海外ホテルで「モーニングサービスはありますか?」なんて尋ねたとしたら、ホテルに最寄りの教会を案内されることになるでしょう。もしホテルに礼拝施設が備わっていたりしたら、もう少し込み入った事になるかもしれません。

モーニングコールとも言わない

「ホテル」で「モーニング」といえば、朝の目覚まし内線連絡サービスを「モーニングコール」といいますが、モーニングコールも和製英語です。

朝起こしてくれるサービスは海外ホテルにもあります。wake-up call と言ってお願いしましょう。

→ 海外ホテルでルームサービスを頼む英会話フレーズ

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話