英語で会社の役職名はなんて言う?CEOは何の略称?

ビジネスで英語を使う機会は増えつつあります。海外企業とのやり取りでは、肩書き・役職名もきちんと英語で踏まえておきたいものです。英語の役職名は連絡を取る際には必須の情報です。

会社組織の構造や役職の種類・呼び名は、英語圏と日本では必ずしも一致しません。日本の役職区分と比べてかかり大まかで包括的な役職もあれば、逆に日本の区分よりもかなり具体的で限定的な職務の役職もあります。

役職名を正しく知ることで組織のあり方も見えてきます。日本語訳と対応づけて覚えてしまおうとせず、それぞれの呼び名を英語として理解してしまいましょう。

→英語で「会社」「企業」を表現する英語の種類と使い分け方

代表的な役職名

business-card

会長:Chairperson of the Board (of Directors)

Chairman of the Board (of Directors) でもよいのですが、今日では Chairperson が主流です。女性トップは珍しいことではありません。

Yes! She is the Chairperson of the Board.
そうです。彼女が会長です

代表取締役:CEO / Executive Director

営利企業では CEO が、非営利企業では Exective Director が使われる傾向にあるようです。

Who is the CEO at Apple now?
今は誰がアップルの最高責任者ですか

社長:President

The President had to participate in the Congress to insist his purity.
その社長は身の潔白を主張するためにアメリカ議会に出廷しなければいけなかった

専務:Vice President

海外では副社長、専務、常務クラスの明確な区別は特に無いようです。

He must be trying to be a next Vice President.
彼は次の専務の座を狙っているに違いない

部長:Chief Director

海外では部長クラスに Vice President が使われることもあるそうです。

She didn’t want to be a Chief Director.
彼女は部長にはなりたくなかった

次長:Vice Director

次長という役職はあまり使われていないようで、取締役会などで決定されたものは Vice Director 、部長がじきじきに任命したならば Deputy Derector というよう
な名称が用いられるようです。
deputy は「代理の」

I’ve heard that his wife is a Vice Director at a famous company.
彼の奥さんは有名企業で部長らしい

課長:Section Chief

chief が「(集団などの)長」なので、その場の長というようなニュアンスです。

She acted properly as a Section Chief.
彼女は課長として適切に振舞った

係長:Chief Clerk

clerk は「社員」ですので、普通の社員の中での長というようなイメージでしょうか。

He already became a Chief Clerk with his age.
彼はあの年でもう課長に昇進した

※ 本人への呼びかけには役職名は使わない

日本語の感覚だと、上司に呼びかけるような場合の呼び方としては「鈴木課長」のような姓+肩書きの形が普通ですが、英語では役職名を名前に付けて呼びかける場面は稀です。全く例がないわけではありませんが、博士や医師といった特定の肩書きに限定されます。

英語では仕事関係や役職に左右されずに Mr. Suzuki のようにミスター+その人の名前を呼ぶ言い方が一般的です。

Mr. Suzuki, do you have a minute?
課長、少しお時間いただけますか

英語の幹部の略称シリーズ

CEO = Chief E… Officer

海外企業に関連するニュースなどでよく目にする CEO や CTO といった役職名。パッと見で字面が似ていて紛らわしく感じてしまわない読み方のコツがあります。

最初の C と最後の O は考える必要がありません。最初の C は Chief のC、最後の O は Officer の O です。中央に置かれる字に着目すれば何の役職が判断できます。

  • CEOChief Executive Officer 「代表取締役」
  • CTOChief Technology Officer 「最高技術責任者」
  • CHOChief Human Resources Officer 「最高人事責任者」
    (CHRO と表記することもあります)
  • CFOChief Financial Officer 「最高経営責任者」
  • COOChief Operating Officer 「最高執行責任者」

役職等でよく目にする単語

senior 先輩の、上級の
いわゆる「先輩」はこの senior を用います。

He is senior to me.
彼は私より先輩だ

前置詞が to であることに注意してください。

vice 副
vice は「悪、非行」などの意味もあります。

assistant アシスタント

chief (階級などが)最高の

officer 役員

department (会社の)部門

deputy 代理の

executive 執行部の

director 重役

各部門の名称

  • 営業部 Business Department
  • 人事部 Human Resource Department
  • 総務部 General Affairs Department
  • 広報部 Public Relations Department
  • 法務部 Legal Department
  • 開発部 Development Department
  • 経理部 Accountant’s Department
  • 秘書 Secretary

「部」は一律 department で表します。

部門についても、人事部を Personnel Department と呼称する場合もあるなど、呼び方は一つに統一されてはいません。柔軟な対応が求められるでしょう。

終わりに

企業の成り立ち方の違いなどから、役職ごとの重要性やその役職自体の有無など日本の企業のイメージをそのまま外国の企業に投影することは困難です。

また、企業規模の違いも役職名や部門の名前に反映されるでしょう。
例えば、最高経営責任者が、代表取締役ということも十分に考えられるでしょう。

また、会社ごとに専務のことを Executive Vice President と読んだり、 Senior Vice President と読んだりすることもあります。

そのため、この役職名はこれだ!と決め付けるのではなく、見たことの無い役職名を見つけても、その単語の意味からどんな役職かを類推することが大切です。





WebRTCで無料英会話