【要注意!英語?表現】「ヒアリング」は要注意の和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の和製英語は「hearing 」。

「ヒアリング 」は和製英語。hearing は通じない英語

日本語で使うヒアリング(hearing)は英語では正しくはlisteningと表現します。

英語では通常、hearingではなくlisteningといいます。hearは、聞こえるという受動的な意味合いが強く、listenはより積極的な、耳を傾けるといった意味合いがあります。日本語でリスニングというと、もっぱら外国語の聞き取り能力の意味となってしまいますが、本来はより広い意味を持つ基本的な動詞です。

513063010

「ヒアリング 」は英語でこう言おう!

顧客へのヒアリングは営業職にとって必須スキルだ。

Listening to the customer is a required skill for a position in sales.




WebRTCで無料英会話