英語で恋バナ、恋愛トークに使える英語フレーズ集

恋の話は世界共通の鉄板ネタ、英会話でも盛り上がれる話題です。でも恋愛がらみのウワサ話に使える英語表現なんて普通の英会話教室ではなかなか教わりません。ある意味もったいないことです。

恋愛の形も事情によって色々です。片想い中、急接近中、付き合い始め、遠距離恋愛中、相手に浮気疑惑が浮上中、などなど。繊細な話題でもありますから、話題を出す相手や状況には注意が必要ですが、機会を上手く捉えた恋の話はきっとよい経験になるはずです。

関係の尋ね方

「意中の相手との関係」 このことが質問に挙がったら、恋バナの始まりと言ってもいいでしょう。聞いてほしいニュースがあり、自分から切り出すなら「Guess what!(ちょっと聞いて!)」と一言。しかし、多くの場合は相手から近況を尋ねられたり、他人の恋愛事情が気になるものです。

好きな人がいるか尋ねてみる

You have a thing for him, don’t you?
彼のこと気になるんでしょう
Are you seeing someone?
今誰かと付き合ってる?
How far have you gone with him?
彼とはどこまで進んだ?

相手の普段と違う雰囲気から、恋人ができたのかと想ったときはこう聞いてみましょう。その後の相手の返事にも注目です。特に2つ目のフレーズは、相手に自分が興味のあることも感じさせます。気になる人に恋人がいるか知りたいときには、時と場合を選んで、勇気を出して尋ねてみましょう。

fotolia_112009648

恋人との関係を尋ねる

How is your love life?
最近(恋人とは)どう?
How long have you been with him/her?
付き合ってどれくらいになるんだっけ?

一つ目のフレーズは、相手に恋人がいないときにも使えます。しかし、相手がすでに「love」のある日常を送っている前提があるので、普段から恋バナをしない人にいきなり尋ねると会話が広がりにくいかもしれません。

噂について尋ねる

Are they an item?
あの人たち付き合ってるのかな?
Are you guys an item?
あなたたちは付き合ってるの?
Are you going to put moves on him?
彼 にアタックするの?
I heard you were hit on by him.
彼にナンパされたって本当?

噂(gossip)は恋バナでは欠かせないネタです。しかし、時には自分が噂の当人になることも。item はアメリカ英語のスラングで「うわさのたね」を意味します。恋バナでは、「噂の種になること」から転じて「カップル」という意味です。自分が噂の種(item)になっていることを知ったら、次のように返してみましょう。

Who spilled the beans?
誰がばらしたの?

関係を説明する

恋愛相手との関係を表す表現はさまざま。恋に進展はあったのか、終わった恋なのか、現在進行形なのか、自分の恋愛事情にあった表現を覚えておきましょう。

恋人がまだいないとき

(It’s) Not like that. 
そんなんじゃないって
It doesn’t mean things like that.
そういうのじゃないよ
I have a crush on him.  
片思いなんです
I’m in love with him.
彼のこと好きになったの
He’s in the friend zone.
友達以上恋人未満ってところ

好きな人ができたというニュースは、恋バナでも最も盛り上がりを見せる話題です。相手との関係がまだスタートしていないだけに、適切な表現を知っておかないと説明に困るところです。コントロールが効かないほど好き(to have crush)なのか、相手が好きと思い込んでいるだけなのか(not like that)はっきりと表現できるようになっておきましょう。

ポジティブな報告

There is chemistry between us.
私たちの間には何かを感じる
Actually, we are dating now.
実は、私たち付き合ってるの
We got back together two weeks ago.
2週間前に、よりを戻したの
I think he is Mr.Right.
彼となら結婚していいかなって思ってる

いち早く知らせたいポジティブな報告にも、独特の表現があります。Mr.Right は将来の夫として「完璧な」男性という意味。逆に男性からは「I think I found Ms.Right.(結婚したい女性を見つけたんだ)」と言えます。どちらもこれ以上ない程ポジティブな恋愛ニュースです。

ネガティブな報告

It’s on the rocks.
実はうまくいってなくて
I think he is cheating on me.
彼 が浮気している気がする
I have someone else on my mind.
他に気になる人ができた
I hooked up with her last night.
昨夜、彼女とちょっと色々あって

It’s not going well.(うまくいってない) だけは説明しきれない状況は、上のような表現で説明しましょう。hook up は「つるす」「接続する」 という意味ですが、スラングとして使うと「お持ち帰りする」などの一夜の関係があったことを指します。hooking up with ex-boyfriend(元彼と寝る)というように、後悔するような関係を持ってしまった話でよく使われます。

もう少し複雑な関係を表す英語表現

それぞれの複雑な関係性を、一言で表してしまえる場合もあります。まず簡潔に自分の恋愛事情を伝えたいとき、次のようなフレーズを知っておくと便利です。

long distance relationship
遠距離恋愛
love at first sight
一目ぼれ
love triangles
三角関係
friend with benefits
体だけの関係
one-night stand
一夜限りの関係

恋愛ネタは映画・ドラマがイイ教師になる

恋愛絡みの話題は教科書や参考書ではそうそう接することのない話題ですが、娯楽作品では比較的よく取り上げられる話題です。英語圏のティーンを主な対象としたドラマ作品などでは、日常の恋の話を中心としたタイトルが沢山見つかります。

英語学習法のひとつに、洋画を鑑賞するという方法があります。英語学習の名目で、その手のジャンルの作品を鑑賞してみるのもよい方法です。ヒアリング力も鍛えつつ、恋愛ネタに限らず今ドキの英語表現を広く見聞きしながら、総合的な知見を高めることができます。





WebRTCで無料英会話