英語で表現する「継続は力なり」気持ちを前向きにする英語表現

継続は力なり。この言葉は、地道な積み重ねが必要であり成果がなかなか実感できない英語学習においては、とりわけ心にしみる金言です。

英語では「座右の銘」を motto (モットー)といいます。英語学習は一日にして成らず。あくまでも英語学習を続ける意欲を維持するためにも、英語で「継続は力なり」を表現して座右の銘にしてしまいましょう。

英語で「継続は力なり」を表現する言い方

英語のことわざ表現にも、「継続は力なり」という趣旨を表現する言い方が複数あります。

ちなみに日本語の「継続は力なり」というフレーズは、出典がいまひとつ定かでありません。明治・大正時代に言及された例は見られます。

「継続は成功の元」と表現する

英語として一般的な慣用表現のうち、「継続は力なり」にニュアンスが近い慣用表現としては、continuity is the father of success が挙げられます。

continuity is the father of success 。あえて直訳すれば「継続は成功の父(本源)」といった意味合いです。続けることが成功の元であり、成功するためには継続が大切、という趣旨を示す一言です。

「継続はパワー」とはあんまり言わない

日本語の「継続は力」を直接に英語にするなら「continuity is power」とでも表現したくなるところですが、これは今ひとつ一般的な英語表現とは言えないようです。

英語にも Knowledge is power. (知は力なり) とか Money is power. (金は力なり)といった表現はあります。「~ is power」という言い方そのものがオカシイというわけではありません。

英語の power は「能力」「権力」といったニュアンスを中心とする語なので、「continuity is power」と言ってしまうと趣旨がずれてしまいそうではあります。

練習の積み重ねが大切と表現する

practice makes perfect

練習が完璧を作る

日本語のことわざ「習うより慣れろ」に近い表現とも言えるでしょう。練習とは、何かを繰り返し習うことです。この表現でも継続することの大切さを教えてくれていると言えるでしょう。

ローマは一日にして成らずと表現する

Rome was not built in a day

ローマは一日で作られたわけではない

日本語でも「ローマは一日にして成らず」というフレーズで知られています。立派なことやものは、長年の積み重ねによって生まれていることを表す表現です。


忍耐の大切さに重点を置いた言い方

「継続は力なり」ということわざが示す、どんなことがあっても続ける、止めないという忍耐力を重視したイディオムがいくつかあります。これらのイディオムには、persistence(粘り強さ)や endurance(忍耐力)などの単語が使われています。

persistence pays off

粘り強さは報われる

persistence は「持続性」「粘り強さ」を意味する単語です。好ましくない状況において、何かを継続し続けることを表します。pay off は「成功する」「報われる」を意味するイディオムです。

endurance makes you stronger

忍耐はあなたを強くする

endurance は「持久力」や「忍耐力」を意味する単語です。困難なこと、苦しいことを長い間続ける力を表します。精神的な忍耐力というよりは、肉体的な忍耐力を示しています。

endurance と似た単語に patience があります。こちらも「忍耐」を意味しますが、endurance が肉体的な忍耐力を示していたのに対し、patience は精神的な忍耐力を示します。

perseverance will accomplish all things

忍耐によってすべてが達成される

perseverance は「忍耐」を意味する単語です。「努力」や「根性」と訳されることもあります。継続している努力や決心を表しており、目標に向かってコツコツと努力し最後までやり遂げる場合に使われているようです。


継続の大切さに重点を置いた言い方

「継続は力なり」が示す、少しずつ遅くても良いから続けている事実が大切なのだ、という継続性を重視した表現です。

slow and steady wins the race

ゆっくり着実にやれば競争に勝つ

slow and steady で「ゆっくり着実に」を意味します。日本昔話の「うさぎとかめ」を思い出してください。足は速くても休んでばかりのウサギに、足は遅くてもずっと歩き続けたカメが徒競走に勝つというお話です。まさにこの状況を示しているイディオムと言えるでしょう。

little and often fills the purse

少しずつでも貯めれば財布がいっぱいになる

little and often を直訳すると、「少しを頻繁に」です。少量でも貯金を続けていればお金は増えていきます。日本のことわざ「塵も積もれば山となる」に近い表現と言えるでしょう。

 





WebRTCで無料英会話