返事はYes? No? 日本人が間違いやすい「Aren’t you~?」に対する返事のコツ

否定疑問文「Aren’t you ~?」「Don’t you ~?」に対する返事のしかたは、日本人が混乱しやすいポイントです。「~ではないの?」という疑問文に対しては、英語と日本語では「はい」と「いいえ」の答え方が逆になってしまうからです。

Aren’t you a student ?(君、学生じゃないの?)
– Yes, I’m a student.(いいえ、私は学生です)
– No, I’m not a student.(はい、私は学生ではありません)

上記のように、英語では「Yes」と答えているときに日本語では「いいえ」という意味になり、英語では「No」と答えているときに日本語では「はい」という意味になります。

anishia-davis-876169_640

英会話で否定疑問文に答えるときに混乱しないためのポイントは、疑問文の形態は気にしないということです。次の英会話フレーズと前出の英会話フレーズを比べると分かるとおり、通常の疑問文でも否定疑問文でも英語の返事のしかたは変わりません。

Are you a student ?(あなたは学生ですか?)
– Yes, I’m a student.(はい、私は学生です)
– No, I’m not a student.(いいえ、私は学生ではありません)

つまり、英会話における返事は常に自分中心で考えれば良いということになります。自分の答えが肯定文なら常にイエス、否定文なら常にノーです。否定疑問文だからと身構えることなく、通常の疑問文と同じように答えれば良いという意識を持ちましょう。





WebRTCで無料英会話