アメリカ英語では「take」、イギリス英語では「have」を使う表現

havetake は、それ自体に意味上の重要性を伴わない軽動詞(light verb)としてよく用いられます。たとえば take a break と言うとき、take は動詞である以上の意味をほぼ持ちません。日本語の「する」のような位置づけです。

アメリカ英語とイギリス英語を比較すると、いくつかの表現において、アメリカ英語では take が好まれ、他方イギリス英語では have が好まれる、という例が見出せます。

→アメリカ英語とイギリス英語のスペル(綴り)の違いまとめ

例5本

 意味 アメリカ英語 イギリス英語
入浴する take a bath have a bath
シャワーを浴びる take a shower have a shower
休憩する take a break have a break
席に座る take a seat have a seat
休暇をとる take a vacation have a holiday

※いわゆる「休暇」はアメリカ英語では vacation 、イギリス英語では holiday が一般的に用いられます

どちらを用いても間違いにはならない

これらの have と take の使い方の違いは、ネイティブスピーカーは一方を好んで使う傾向にあるという程度のもので、他方の表現を使っても(たとえばアメリカ英語で have を使って表現しても)文章が破綻したり意味が違ったりすることはありません。間違いと見なされて笑われることもないでしょう。

man-542322_640


take と have の違いが生じる表現の傾向

例として上に挙げた表現は、入浴、シャワー、休憩と、どうもある方面に偏っているように見えます。軽動詞 take や have の使い方には、どうも特定方面の偏りが見られるようです。

イギリスの国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシル(British Council)は「delexical verbs like have, take, make and give」と題するページで、こういう場合に我々は have を使うと紹介しています。

  • Food and drink: a meal, breakfast, lunch, dinner, a snack, a cup of tea
  • Talking: a chat, a conversation, a discussion, a talk
  • Washing: a bath, a shower, a wash, a scrub
  • Resting: a break, a holiday, a rest
  • Disagreeing: an argument, a dispute, a fight, a quarrel

この解説はアメリカ英語と対比して述べたものではなく、ここに上がっているケースがそのまま「アメリカ英語ではすべて take に置き換わる」といえる代物ではありませんが、感覚的手がかりとしては参考にできそうです。





WebRTCで無料英会話