司会者が電話会議の冒頭で使える英会話の表現

電話会議では相手の顔が見えない状況で話し合いをする必要があります。通常の会議では目で確認していることを、電話会議では耳で確認しなければなりません。会議を進行する司会者は、参加者の確認や会議を始めるタイミング、会議の目的の共有などに気を配る必要があります。

参加しているメンバーを確認したいときは「Who is on the call?」と尋ねることができます。全員が揃わずにまだ会議を始められない時には、その旨を参加者に伝えましょう。「We’re just waiting for everyone to join. We’ll get started in a few minutes.」(みなさんが揃うまでもう少し待ってから会議を始めます。)と表現できます。なぜまだ会議が始まらないのかといった参加者の疑念を拭う手助けになります。

517024477

参加者全員が揃い、会議を始めたいときには「Let’s get started.」と表現できます。通常の会議でも、会議が始まったらまず目的を確認することが多くあります。電話会議ではその目的を口頭で確認する必要があります。「Please let me outline today’s agenda.」(今日の目的の概要を述べさせて下さい。)や、「Please let me clarify the objective of this meeting」(この会議の目的を明らかにさせて下さい。)といった表現を使用することで、目的を明示したのちに議論に進むことができるでしょう。





WebRTCで無料英会話