「コロッケ」は英語でどう言う?

日本の定番料理コロッケは、西洋料理のクロケット(croquette)を日本風に改良して発展して別モノと化した料理、すなわち「洋食」です。日本的コロッケを海外に紹介する場面では、croquette の語を用いて表現する言い方もありますが、いっそ Korokke と固有名詞的に表現した方がよい場合も多々あります。

コロッケの原形はクロケット

croquette はフランス発祥の料理です。食材を手頃な大きさの丸めて、パン粉で衣をつけ、カラッと揚げた料理の総称。具材も味も地域によって多種多様です。

croquette に直接対応する英語表現は特になく、英語圏ではフランス語をそのまま借用して croquette と表現します。

Oxford Dictionaries を参照すると、具材に「挽肉・野菜・魚」が挙げられています。つまり、日本の洋食で「カツ」の名を冠する揚げ物料理の一部は、たとえばメンチカツなんかは、実はクロケットの一種と言ってしまっても過言ではないわけです。

332008985


コロッケを英語で表現する言い方

potato croquette (ポテトコロッケ)

日本の典型的なコロッケは、ジャガイモを主な材料とする点に特徴があります。この点に着目して potato croquette と表現する言い方は、日本のコロッケに近いものを指し示す言い方としては中々に優秀です。

Japanese potato croquette

さらに「日本のポテトコロッケ」と表現すれば、より正しく伝わることが期待できます。

Japanese (style) croquette

ポテトコロッケに限定しない、あるいは、ことさらにポテトが材料であると明示せずに済ます言い方として、いっそ Japanese croquette と表現してしまってもよいでしょう。Japanese style croquette と述べても同じことが表現できます。

Korokke

コロッケと croquette は似て非なるモノ、日本のコロッケはもはや独自の料理という意味合いで、日本語そのまま Korokke と表現する言い方もアリでしょう。

sushi のように誰もが知るというほどの市民権を得ているとは言えませんが、海外レシピサイトでは意外と多く Korokke のレシピが見つかります。日本の料理に興味のある人なら Korokke の語を把握している期待が持てまます。

Korokke とはどんな物か補足説明する

日本独特の文物は、あえて英訳せずに固有名として表現する言い方の方がよい場合が多々あります。ただし、その言葉を初めて耳にした人には通じません。

はじめに Korokke について簡単に説明してあげれば、以降の会話では十分に通じます。それこそ「日本風のポテトコロッケ」(Japanese potato croquette)のように説明してあげれば十分でしょう。

 





WebRTCで無料英会話