「おじさん」「おっさん」は英語でどう言う?

いわゆる「変なおじさん」と言う場合の「おじさん」は、英語では普通 man や guy のような語で表現されます。つまり単に「男の人」と述べるわけです。

「おじさん」(叔父さん)は英語では uncle といいますが、これは基本的には親戚の方を指す言い方です。やや年配の見知らぬ殿方を「おじさん」と呼ぶのは多分に東洋的な感覚です。

親戚の「叔父さん」は英語では uncle という

「おじさん」に対応する英語表現として最初に見つかる単語は、きっと uncle でしょう。

ただし英語の uncle は、もっぱら父母の兄弟である「叔父」あるいは叔母の配偶者としての「叔父」を指す語であり、あくまでも親戚に当たる(血縁のある)方を指す言い方として用いられる語です。

日本語では兄弟関係に応じて「叔父」と「伯父」の表記が使い分けられますが、英語は兄弟の区別には鈍感で、叔父も伯父も uncle と表現されます。

知らない人を uncle と呼ぶ用法も皆無ではない

英語の uncle にも、日本語の「おじさん」と同様、特に血のつながりのない男の人を指す語義があります。ただし、これは幼児語の類です。

Definition of uncle in English: OxfordDictionaries
(informal) An unrelated older male friend, especially of a child.
血縁関係にない年配の男性の友人、特に子供にとっての(そういう人)

上記オックスフォード英語辞書の記述からは、この語義が「子供の」語彙であること、および、おじさんに当たる人が friend の関係であることが示されています。

friend は「友達」「仲間」あるいは「味方」。いずれにしても好意的・友好的な関係があることを示す語彙です。uncle の語は「知らないおじさん」とか「ヘンなおじさん」といったニュアンスでは使えない、という示唆が汲み取れます。

1106280251

英語では他人を血縁関係になぞらえて呼ばない

日本語において、特に面識も血縁もない中高年の男性を「おじさん」と呼ぶ言い方は、親戚の叔父さんになぞらえた表現と捉えてまず間違いないでしょう。

知らない人を、主に外見上の年齢層に応じて「兄さん」「親父さん」「おじいさん」と呼ぶ、その手の言い方はだいたい家族関係の中での呼称を拡張した表現といえます。そして、これは子供を中心に据えた(子供の立場から見た)関係性に基づく呼び名です。

家族関係に関する語を家族以外にも拡張して用いる、という考え方は、東洋的な発想といえそうです。日本だけでなくアジアの他の言語にも同様の言い方があります。


他人の「おじさん」は英語では man や guy で表現する

日本語的「おじさん」が 叔父= uncle を拡張した言い方であり、そういう発想は多分に日本的・アジア的なものである、と割り切ってしまえば、英語では「おじさん」をどう表現するべきかは考えやすくなるでしょう。

素直に「男の人」と捉える発想が英語的発想のカギ

他人の男性を指す言い方としての「おじさん」は、英語では単に man と呼べば事足ります。

man の同義語といえる guy を用いてもよいでしょう。やや丁寧に述べる場面では gentleman も有力な選択肢です。

年齢的ニュアンスを含めるなら older man くらいが穏当

単に man と述べるだけでは、どのくらいの年代の人なのかは示せません。おっさんの「やや歳がいってる」意味合いも含めるなら、older man のような表現がまずまず無難です。

older は old の比較級であり「相対的に歳をとっている」というニュアンスが表現できます。単に old man と表現してしまうと、比較するまでもなく高齢な「ご老体」のニュアンスが出てきます。

old boy という表現もあります。おじさん相当の年代の男性を指す言い方です。ただし 12-year-old boy(12歳の少年)のような言い方と紛らわしくもあり、用例もほとんど見つかりません。

「おっさんくさい」という場合なら middle-aged man なども

「中年男性」という意味で middle-aged man と表現する手もあります。まあ意味もニュアンスも「中年男性」そのままです。

middle-aged man は「おじさん臭い」「いかにもオッサン的だ」という意味を込めて述べる場合にはうまくハマる表現といえそうです。

「ねえ、そこのおじさん」という呼びかけは Hey, sir !

おじさん当人に呼びかける言い方としての「おじさん!」の場合、man や guy はあまり適当ではありません。

相手に呼びかける場合、おじさん要素は度外視して、呼びかけ表現として定着している英語表現に切り替えましょう。たとえば Mister ! とか Sir ! とか、あるいは Excuse me, but ~ のような言い方が素直に見つかるはずです。

「変なおじさん」はいっそ「変質者」と言い直す

「最近この辺に変なおじさんが出没しているらしいからね気をつけてね」というような文脈で用いられる「おじさん」は、まあ man や guy でも充分に表現できます(さすがに gentleman は無理がある)が、いっそ意訳して pervert (変質者)のような語に置き換える手もアリでしょう。

pervert /pəˈvəːt/ は動詞としては「正道を外れる」「曲解する」といった意味合い、名詞としては「正道を外れた人」「性的倒錯者」「変質者」「変態」の意味でも使える語です。

Pervert tried to persuade a father to get his child to perform sex acts
変態が児童に性行為をさせるべくその子の父親の説得を試みる
Derby Telegraph , 22 MAY 2018

「知らない人」なら strange man

「知らないおじさんについて行かないように」というような文脈なら、変態・変質者とまで言わず、strange man(見知らぬ男)と表現すれば充分でしょう。

strange は主に「奇妙な」「変な」という意味合いで用いられますが、同時に「見慣れない」「知らない(未知の)」という意味合いでも用いられます。不審な「知らない人」を形容するにはうってつけの語です。





WebRTCで無料英会話