「実家」や「生家」は英語でどう言う?

日本語の「実家」に対応する英語表現としては parents’ house または  parents’ home のような言い方が挙げられます。「親が住んでいる家」というニュアンスを中心とする言い方です。

基本的には「親」といえば父母・両親が念頭に置かれるため、 parent(親)は複数形で parents と表現されます。複数形の s が付いた語にさらに所有格の ‘s を加えることになるので、アポストロフィ( ‘ )のみ表記する形が取られます。

実家は parents’ house と parents’ homeで

parents’ house と parents’ home 、どちらの表現でも「実家」に対応するわけですが、house と home のどちらの語を使うかによってニュアンスは微妙に違ってきます。

house も home も、日本語の「家」に対応する基礎的な語です。

ただし、house は建物(住宅)に焦点を当てる語。家は家でも「家屋」に該当する語といえます。

対して home は「慣れ親しんだ場所」という抽象的なものを指す言い方です。home は「家庭」に対応する語と言えるでしょう。

554531743

厳格な言い分けはそれほど必要ない

house と home は文脈に応じて使い分けられます。とはいえ、実際はどちらで表現しても問題ない場合が多く、どちらで表現してもそうそう誤解も違和感も生じません。

My parents’ house is in Osaka.
実家は大阪にあります
I stayed in my parents’ home and loosened up in new Year’s day.
正月は実家でごろごろしていました

もし「実家は暖かい」と述べるような場面があれば、体が温まる(暖房システムの整った)家屋なのか、心が温まる(ホッとする居心地のよい)家庭なのか、言い分けを意識した方がよいかもしれません。

「生家」のニュアンスを出すには

「実家」の語は往々にして「自分が生まれた家」、つまり「生家」という意味で用いられます。

生家も parents’ house あるいは  parents’ home と表現してしまえます。

「自分が生まれた家」という部分を明瞭に伝えるなら、関係詞を使って the house where I was born あるいは the house in which he was born のように表現できます。

  • the house where I was born
  • the house in which he was born
  • the house I grew up

文脈によっては hometown (故郷)と表現する

文脈によっては、「実家」は必ずしも「親元」という意味合いではなく、単に「地元」あるいは「故郷」「郷里」という程度の意味合いである場合も少なからずあります。

「地元」のニュアンスを念頭において表現する場合には、hometown の語がぴったりでしょう。home city とも表現できます。

During summer vacation, I went back to my hometown and had some fun with my old friends.
夏休みは実家に帰って昔の友達と一緒に遊んだんだ

単に home と表現してもよい

実家に帰る → 郷里に戻る、という程度の文脈なら、I will go back home. のように表現してしまえます。

home 自体に「郷里(に)」「故郷(に)」という意味合いがあります。

ただし、この home は名詞でなく副詞として扱われている点に注意しましょう。

「go home」「go to home」「go to house」はどれが正しい?


出自・身元はもっと柔軟に表現を変える

人の経歴や身の上について「実家は~です」のように述べる場合は、「実家」を parents’ house のように表現せず、もっと大胆に文章を再構成した方がうまく表現できます。

  • 実家の所在地に言及する文は、実は「自身の出身地」について述べている。
  • 実家の家業に言及する文は、実は「自分の出自・経歴」について述べている。
実家は埼玉県です
I was born in Saitama.
彼の実家は農家だ
He is from a farmer family.
実家は商店を営んでいる
His parents run a store.
彼の実家は由緒ある家柄だ
He is a man of high birth.
ご実家はどちらですか
Which country were you born in?
Where’s your home?

日本語文章にとらわれず、文章内容に合わせて表現を組み替えられるようになりましょう。これは英語で英語を考えるよい練習になります。





WebRTCで無料英会話