【英語スラング】literallyには「ガチで」という意味がある

英単語literallyは、本来「文字通り」という意味を持つ単語です。ところが、近年literallyは「ガチで、マジで」という意味のスラングでも使われるようになっています。literallyはまさに正反対のシチュエーションで使われる、2つの用法を持つ単語です。

ガチで、マジで、という意味のliterally

I’m literally dying of thirst!
のどが渇いて死にそうだよ!

literallyの意味は「文字通り」と覚えている人は、あれっと思ったはずです。上記の例文では、のどが渇いても文字通り死んでしまうわけではありません。

ここでは、literallyは「マジで、ガチで」と主張や感情を強調する意味で使われています。文字通りではない場面で使われるliterallyはスラングであり、フォーマルな場では使わないほうが無難です。

Used for emphasis while not being literally true
(Oxford English Dictionary)

オックスフォード英語辞典によれば、スラングとしてのliterallyは「文字通りには真実ではない事柄を強調するために使われる」と説明されています。まさに「文字通り」という本来の意味とは正反対のシチュエーションでliterallyが使われているといえるでしょう。

Literally thousands of girls gave me chocolates on Valentine’s Day.
バレンタインデー、マジでたくさんの女の子からチョコをもらったんだよね
I was so happy that he asked me to marry him! I literally almost died!
彼がプロポーズしてくれたの!幸せすぎて死にそうだったわ!

上記の例文では、本当に何千人もの女の子がチョコをくれたわけではありませんし、幸せすぎて本当に死んでしまったわけではありません。事実や感情を強調するためにliterallyを用いています。


literallyの使い過ぎには注意

literallyは、近年あまりに多用されすぎていると指摘されている単語でもあります。literallyは米ニュースサイトが発表した「The most annoying word 2014(もっとも気に障る言葉)」でTOP5にも選ばれています。日本語でも、会話で「ガチで」や「マジで」を使いすぎると相手はあまり良い気持ちがしませんよね。使い過ぎには要注意ですが、ネイティブとの会話で混乱しないためにもスラングとしてのliterallyの意味は覚えておきましょう。

The most annoying word of 2014 is… – INQUISITR

hat-591973_640


もちろん、「文字通り」という意味でも使われる

日常ではスラングとして使われるようになったliterallyですが、もちろん本来の意味である「文字通り」という意味でも使うことができます。この用法で使われるliterallyは、今言ったことは大げさではなく真実だよというニュアンスで使われます。スラングとして使われているliterallyとは真逆の意味です。

We literally watched TV all day.
私たちは文字通り1日中テレビを見ていた。
The famous actor lives next door to us.
有名な俳優が文字通り私たちの隣りに住んでいます。

Literallyは翻訳で直訳するという意味でも使われます。

You have to translate this article literally.
この記事は直訳してください。

「文字通り」という意味のliterallyはフォーマルな場面や書き言葉でも用いることができます。literallyの2つの用法を覚えておくと、状況に応じて相手の言いたいことを理解しやすくなるでしょう。





WebRTCで無料英会話