英語で「ナゼ?」を「why」でなく「how come」で表現できるとカッコイイ

理由を尋ねる「なぜ?」「どうして?」を英語で表現するなら、まずは「Why ?」の一言が思い浮かびますが、ここで why の変わりに「How come (~) ?」と表現できると、こなれた雰囲気が出せます。

how come は大体 why と同じ要領で使えます。とはいえニュアンスや使用場面には少しだけ注意も必要です。

how come のニュアンス上の特徴

how come は一種の省略表現で、もともと How comes it that ~(どうやって~が起こるのか)、あるいは、 How did it come about that ~ (どうやって~が起こったのか)という文だったと解釈できす。

how come には原因を求めるニュアンスがある

why も how come も、共に「なぜ?」という問いかけで用いられる言い方ですが、 how come には「どうしてそうなったのか?」「何がそうさせたのか」というニュアンスが多分に含まれます。

つまり、why は純粋に理由を訊ねるニュアンス、他方 how come はむしろそこに至った経緯・原因を求めるニュアンス、という差があります。

How come you were so angry?
何だって彼女はあんなに怒っていたんだい
How come they were not there at that moment?
なぜあいつらはあの時そこにいなかったんだ

how come には口語的なくだけたニュアンスがある

英語では、文章を省略して述べる言い方は基本的にカジュアルな表現です。how come も同様で、もっぱら日常会話をはじめとする口語として用いられます。

「why」は使用場面を選ばない万能表現です。フォーマルな場面では、あるいはフォーマルかカジュアルか判断に迷う場面では、how come の使用は避けて why で表現した方が無難です。


how come の使用上の注意点

How come ~ ? の文は Why ~? と語順が違う

why も how come も、「Why ?」とか「How come ?」のように単独で述べても英文として成立しますが、そのまま文を続けて表現することもできます。

how come と why では後に続く文の語順が違ってくるので注意が必要です。

why は疑問文の形を取る

why は疑問詞を用いた表現、すなわち疑問文です。英語の疑問文では、助動詞 do、does、did などの語を文の前方に配置する形を取ります。

Why didn’t he come?
彼はなぜ来なかったんだろう

how も、how come ~ の特殊な形ではなく「普通の疑問文」として用いるなら、do や does などの語を先に置く形を取ります。

How do you know that?
どうして分かるの

how come は完全文の形を取る

how come に続く文章は、通常の平叙文と同じ語順で述べられます。主語・動詞・補語などの要素は疑問文のような配置逆転を起こしません。

How come he didn’t come?
彼はなぜ来なかったんだろう

how come は元々「how did it come about that ~」のような関係詞を用いた表現の省略形である、という解釈が念頭にあれば、「how come に続く文章は that節 に含まれる文章=通常の文章と同様に述べる」という点は理解できます。

 

how come の方は学校ではなかなか習わない表現ですが、それだけに、使いこなせるとカッコイイ、上級者っぽい、こなれた言い方です。






WebRTCで無料英会話