「客」「顧客」「買い物客」等を英語で場面別に表現する言い方

英語で「お客」を表現する言い方は複数あり、「どういう種類の客か」という観点で言い分けられます。乗客・観客・訪問客といった表現それぞれに対応させる使い分けが必要です。

日本語では「訪問」も「買い物」も、広い意味の「客」に包含されますが、英語ではどちらかというと行動の方に焦点を当てて「訪問客」「買い物客」と表現する感があります。

「招待客」は guest

家や催し事に招かれてもてなしを受ける客・賓客は、guest の語で表現します。いわゆるゲストです。

guest を招いた側・もてなす側は、guest の対比で host (主催者)と呼ばれます。

guest は「招待された人」という点よりも、むしろ「ホストがもてなす対象」という点に中心的ニュアンスがあります。客を歓待する精神を旨とするレストランやホテルといったサービス業も利用客を guest と呼びます。

Be my guest.
どうぞご自由に
ご遠慮なく
私にお任せください
I felt as if I were an uninvited guest.
私は自分が招かれざる客であるような気がした

guest の主な訳語

  • 招待客
  • 賓客
  • 貴賓
  • ゲスト
  • 泊まり客
  • 滞在客
  • テレビや映画やコンサートの「特別出演」枠
  • お客様

招待客 = invitee とも表現できる

「招待を受けた」という部分に主軸を置くなら invitee(招待された人)とも表現できます。

invitee は inviter (招待する人)と対になる表現です。招く側が inviter 、招かれる側が invitee。これは employer と employee の関係と同じです。


「訪問客」は visitor

特にホスト側の招待を受けたというわけではなく訪ねてくる人は、visit(訪れる)+ -or (人)ということで visitor と表現します。いわゆるビジター。

ふいに家に訪れる、いわゆる「来客」は、基本的に visitor が最適な表現でしょう。病院の見舞い客も visitor で表現します。

visitor は、訪問する側が当人の目的のために(自発的に)人や場所を訪れる、というニュアンスを含みます。社交的な目的の場合も、観光目的の場合も、商売目的の場合なども含みます。

She’s a frequent visitor to London.
彼女はしょっちゅうロンドンへ旅する
I had an unexpected visitor yesterday.
昨日は不意の来客があった

visitor の主な訳語

  • 来客
  • 訪問客
  • 客人
  • 来訪者
  • 観光客
  • 来場者
  • 見舞客
  • お客さま

短時間の訪問・面会は caller とも

ちょっとした来訪のニュアンスでは caller と表現する言い方もあります。主に訪問客や見舞客などを指します。

ごめんくださーいと言って、あるいは呼び鈴を鳴らして、玄関先で用を済ませて帰るようなイメージで捉えてよいでしょう。

観光客は sightseer とも

観光・遊覧・物見遊山、すなわち sightseeing に興じている人は、「sightseeing している人」ということで sightseer と表現してしまう言い方もアリです。


「観客」は audience

映画や舞台における「観客」、コンサートなどにおける「聴衆」、あるいはテレビやラジオの「視聴者」などは audience (オーディエンス)と表現できます。

娯楽的なものを見物するために集まってくる人々、というニュアンスが通底しているといえるでしょう。テレビやラジオも集う必要がないだけで根本は同じです。

audience は集合的に扱われる(集団として捉える)表現であり、観客が複数人いようが大勢いようが基本的に単数扱いです。

audience として集った人の多さ少なさは large および small で表現できます。「人数の多寡」というよりも「規模の大小」と捉えましょう。

He asked a question to one of the audience.
彼は観客の一人に質問した
There was just a small audience.
聴衆は少ししかいなかった

audience の主な訳語

  • 観客
  • 観衆
  • 聴衆
  • 見物客
  • オーディエンス
  • 読者
  • 視聴者
  • テレビの前のみんな
  • お客さん

見物人なら spectator とも

視聴・鑑賞よりも「見物」のニュアンスに重きを置く場合、spectator と表現した方がしっくり来る場合もあります。

spectator は主にショーやスポーツの試合を見る見物客を指す言い方です。特に「観戦」は audience  よりも spectator の方が適した表現といえるでしょう。

「買い物客」は customer

商品を購入したりサービスを利用したりする顧客・買い物客は、 customer と表現できます。対価(つまり金)を支払って買い求める人々を指す言い方です。

customer は custom +-er という構成の語です。custom には「ご愛顧」「お引き立て」といった意味合いもあります。不特定多数の一見さんも、何度も利用する常連客・お得意さんも customer で表現されます。

The new service allows customers to book flights and hotel rooms at once.
この新サービスによりお客様は飛行機とホテルを一度に予約できます
Barbara used to be a regular customer at the supermarket.
以前バーバラはそのスーパーでよく買い物していた

customer の主な訳語

  • 買い物客
  • 利用客
  • 利用者
  • 取引先
  • 顧客
  • 得意先
  • お得意さん
  • 注文主
  • 買い手
  • お客さん

買い物客は shopper とも

場面によっては customer よりも shopper(買う人)の方が買い物客のニュアンスがしっくり来る場合もあるでしょう。

shop は名詞(「店」)の他に、動詞で「買い物をする」という意味もあります。

「顧客」は client

「顧客」は customer と共に client とも表現されます。client は主に弁護士やコンサルタントといった専門的な分野のサービスを利用する客であり、長期間にわたって関係が維持される顧客を指します。

「客」というよりは「依頼人」と捉えた方が理解しやすいかもしれません。

client は個人である必要はなく、企業などの組織に対しても使われます。

His client list includes many famous politicians.
彼の顧客リストには多くの有名な政治家がいる
The apparel company has been our client for 10 years.
そのアパレル企業は10年もの間我々の顧客だった

客・顧客という意味の他に、「サービスの提供を受ける・享受する側」という意味合いもあります。たとえば、社会福祉事業の庇護を受ける人。クライアントサーバシステム(client-server system)の client はこのニュアンスで(サーバーからサービスを受ける端末と)理解できます。

client の主な訳語

  • 顧客
  • 依頼者
  • 依頼主
  • 依頼人
  • 相談者
  • クライアント
  • 発注者
  • お客様

「乗客」は passenger

電車・船・飛行機といった乗り物を利用する客は passenger と表現されます。運転手や添乗員を含まない「乗客」「旅客」です。

When the accident happened, the passengers escaped injury although the train was derailed.
その事故が起こった時、電車は脱線したが乗客は怪我を免れた
Passengers taking the A line, please transfer at Liverpool.
A線をご利用のお客様はリバプールでお乗り換え下さい

ちなみに passenger は、イギリス英語の口語表現では「集団の足を引っ張っている存在」「足手まといのヤツ」「お荷物」という意味用法もあります。ただ運ばれていくだけの(前進・推進には何にも役立っていない)お客様的なヤツという感じが伝わります。

passenger の主な訳語

  • 乗客
  • 旅客
  • 船客
  • 乗船客
  • 搭乗者
  • 搭乗客

「見込み客」は prospect

ちょっと毛色の違った「客」表現として、「これからお客さんになってくれそうな人」を指す「見込み客」という言い方があります。英語では見込み客を prospect と表現します。

prospect は基本的には「見通し」「展望」「有望なもの」といった意味合いの語です。





WebRTCで無料英会話