「登録」を表す英単語の意味合いの差と使い分け方

所定の機関に届け出てリスト等へ記載してもらうことを日本語では「登録」といいますが、これを英語で表現する際には場面に応じた表現の使い分けが必要になる場合があります。

日本語の「登録」に対応する英単語としてパッと思い浮かぶ語は register でしょう。register を中心に、「登録」を意味する英単語のニュアンスの差をしっかりと把握していきましょう。

「登録」を意味する英単語の使い分け

「register」は幅広く使える基本的表現

register は、主に公的な帳簿などに氏名などの情報を書き加えるという意味を示す動詞です。日本語の「登録する」にいちばん近いニュアンスの語といえます。

register は、公的機関への登録だけでなく、ホテルのチェックインやマラソン大会のようなイベントへの参加申し込み(および受理)、サービスの利用申し込みといった幅広い場面の「登録」を指す語として使えます。

I registered the birth of my baby.
赤ちゃんの出生を届けた
We registered and unpacked.
チェックインと荷解きを行った
Register User ID and Password.
ユーザー名とパスワードを登録してください

ホノルルマラソンの公式サイトにある「Register for 2016」(2016年の参加登録)の語は、registerの語がイベントへの参加登録という意味で 使用されている例と言えます。

register は動詞の他に名詞としての用法もありますが、名詞としては registration の方が一般的に使われています。

アクセントに要注意

日本語で「レジスター」というと「ジ」のあたりにアクセントが置かれがちですが、これは日本語訛りです。

英語における register は、品詞にかかわらず最初の「e」にアクセントを置いて / ˈrejəstər / のように発音されます。注意しましょう。

「apply」は審査や選抜が必要な登録

applyは日本語だと「応募」や「申請」と訳されるような審査や選抜が必要な登録において用いられます。

名詞形は application 。併せて覚えてしまいましょう。いわゆる「アプリケーション」ですが英語では幅広い意味で用いられる語です。

I have applied for a new job with a publishing company.
出版社に新しい職を求めた
We applied for a home loan.
住宅ローンを申請した
Application for issuance of the Individual Number Card
マイナンバーカード発行申請

「enroll」は学校関連での登録

enroll は組織の一員として公的なリストに加えることを意味する語です。

enroll は主に学校・教育関連の物事について多く用いられる語です。たとえば入学に際して「学籍簿に氏名を登録する」というような場合に enroll が用いられたりします。

He enrolled at Harvard University.
彼はハーバード大学に入学した
100 students enrolled in its courses.
100人の学生がその専攻に進んだ

「record」は登録というより記録

record は、後で参照するために情報を書き留めておくことを意味します。「登録」と訳されることもありますが、登録よりはむしろ「記録」と訳した方がぴったり合う場合が多いでしょう。

record も動詞の他に名詞としての用法があります。

I record everything that happens to me in my diary.
私はありとあらゆる出来事を日記につけている
Medical records are confidential.
診療録は機密である

record に似た意味を持つ単語に catalog があります。catalog は動詞としては「同じ種類の項目を系統的にリストにする」といった意味があります。名詞としては「目録」「カタログ」を指します。

「entry」が意味するのは単なる参加

entry は名詞で、社会や組織への参加や、競技会への参加を意味します。記帳の有無などを問わず、入場・出場・加入・進出といった意味合いで使えます。

There were a number of entries for Tokyo Marathon this year.
今年の東京マラソンにはたくさんの参加があった
His entry into the world of politics surprised me.
彼の政界進出は私を驚かせた

同時に「参加」を意味する他の単語の使い分けも把握しましょう。

accession という単語は組織や集団によって認められた「加入」を意味します。

the accession of Bulgaria and Romania to the EU
ブルガリアとルーマニアのEU加盟

enlistmentも「参加」を意味しますが、主に軍隊への加入で使用されるため注意が必要です。

the army depends on voluntary enlistment
その軍隊は自主的な入隊に頼っている

SNSでの「登録」

最も身近な「登録」といえばSNSでの「登録」。SNSで「登録」を意味する単語も見ていきましょう。

SNSでの会員登録はまず「sign up」

Facebookでも、Twitterでも、登録を意味する語には Sign up が用いられています。海外のSNSサイトで登録したい場合はSign upを目印にしましょう。

sign up は register を少し口語調にした単語で、register と同じ意味合いを持つ言葉です。

ログインは必ずしも「log in」じゃない

登録が済んだ後で本人確認を経る手続きを日本語では「ログイン」と言います。Facebook Twitterでは日本語と同じように Log in が用いられていますが、YouTubeではSign inという言葉が使われています。

Sign in と Sign up を混同しないように気をつけましょう。

YouTubeのチャンネル登録は「Subscribe」

YouTubeの「チャンネル登録」は、英語版だとSubscribeという単語が使われています。Subscribeは購読を意味し、本来は雑誌の定期購読で用いますが、メルマガやネットサービスにおいても使えます。購読するという意味では、自動詞のため、前置詞のtoをつけることを忘れないようにしましょう。

subscribe to the magazine for twelve month
その雑誌を12か月間予約購読する

お気に入り登録を英語で表現

では、Webのお気に入り登録は英語でなんと表現したらよいのでしょうか。日本語でも「ブックマーク」という単語は使いますが、ブックマークするという意味を持つbookmarkという動詞が使えます。また、「お気に入りに加える」という表現もよいでしょう。

I want to bookmark this site.
私はこのサイトをお気に入り登録したい。
I added some photos to my favorites.
私は何枚かの写真をお気に入り登録した。




WebRTCで無料英会話