英語の助動詞表現「used to」の意味・用法・用例おさらい

519514507

英語の助動詞表現 used to は、主に「過去の習慣的動作」や「過去の継続的状態」といった意味で用いられます。あらためて用法・用例をおさらいしましょう。

used to が取り得る意味の幅はさほど広くはなく、他の助動詞と比べれば把握しやすい部類です。「過去の習慣的動作」という点では助動詞 would との使い分け方に戸惑いがちです。比較しつつ区別をつけてしまいましょう。

英語の「助動詞」を本当に理解する学習のコツ(急がば回れ)

used to の主な意味・用法・用例

used to は動詞の「動作動詞」か「状態動詞」かという区分によって意味合いが変わります。

過去の習慣的動作(よく 〜 したものだった)

used to の代表的な意味合いとして「過去の習慣的な動作」を示す用法が挙げられます。これは動作動詞を伴って用いられます。

John and I used to play together in the park after school.
ジョンと私はよく放課後に公園で一緒に遊んだものだった

否定文や疑問文では、一般的には used を didで置き換えて述べられます。イギリス英語には usednʻt や Used 〜 ? のような表現を用いられる場合もありますが、硬い言い方であり、用例はかなり限られます。

We used to study together, didn’t we?
私たちはよく一緒に勉強したよね
Did you used to study hard when you were a student?
あなたは学生の頃はよく勉強しましたか
I didn’t used to go on trips before.
私は以前はそれほど旅に出たりしなかった

過去の継続的状態を表す(以前は〜だった)

used to が状態動詞と共に使われると、「過去の継続的な状態」を示す表現になります。

She used to be pretty and kind.
彼女は以前は可愛くて優しかった
John isn’t what he used to be 1 year ago.
彼はもう1年前の彼ではない

be used to との混同に注意

used to と be used to は混同しやすい要注意の類似表現です。しっかり対比させて違いを覚えておきましょう。

be used to は動名詞(〜ing)を伴って「〜することに慣れている」という意味を表します。

used には助動詞と形容詞の用法があります。be used to の used は形容詞。to は前置詞です。

Jack used to stay up late.
ジャックはよく夜遅くまで起きていたものだった
【助動詞表現】【過去の習慣的動作】
Jack is used to staying up late.
ジャックは夜遅くまで起きていることに慣れている
【形容詞表現】【(現在の)慣れている状態】

be動詞(または get 等の動詞)が used to よりも前方に登場する場合、助動詞でなく形容詞としての be used to であると判断できます。

used to と would の違い

助動詞 would も、used to と同様「過去の習慣的動作」の意味で用いられることがままあります。ただし使い方に差があります。

過去の事を示す語が必要・不要

used to は過去を表現する語を伴わずに使えます。

他方、would には(過去の継続的状態を表す用法がないので)過去を表現する語が必要です。

She used to take me to the park.
彼女は私をよく公園に連れていってくれたものだ
She would often take me to the park when I was a child.
彼女は私が子どものころ、よく私を公園に連れていってくれたものだ

現在まで継続していないのかどうか

used to には「以前はそうだったが今はそうではない」というニュアンスが含まれています。

他方、過去の習慣的動作を表す would はことさらに現在の状況と対比するニュアンスは含みません。現在はどんな状況であっても(特に現在の状況に言及することなく)使えます。

He used to smoke before(, but he doesn’t smoke now).
彼は以前はよく煙草を吸っていたものだ(が、いまは吸わない)
Jane was introverted. She would often read books at home.
ジェーンは内向的だった。彼女はよく家で本を読んだものだった

英単語力をつけるためのオススメツール「Weblioプレミアムサービス」

知らない英単語や言い回しが見つかったとき、そのままにしていては、いつまでたっても、英語力は伸びません。英語力を着実に伸ばしている人は、苦手を把握し、繰り返し復習しています。復習がなかなか習慣づかないなら、ツールに頼るのも一つの手です。「Weblioプレミアムサービス」は、苦手単語を整理できたり、英単語力を診断できたりなど、英単語学習をサポートする機能がついています。




WebRTCで無料英会話