Tag Archives: 学習法

英語ネイティブスピーカーの英語の身につけ方を学ぶ

boys-286794_640

英語学習は地道で長い道のりです。文法、発音、ボキャブラリーと、覚えることが多く、しかもなかなか正確には覚えられないことばかりです。

日本人の大多数が英語を学び始める年頃はおおよそ小学校高学年から中学校の頃。しばらく前なら中学校から。近年はより低年齢の頃から英語に接する機会が設けられつつあります。

皆、一回は基礎英語を学ぶところから入っているはずなのに、実際に使っても恥ずかしくないような英語を社会人になってから勉強しようと思うとなかなか難しいのが現状です。

一方、私たちは「世界一難しい」とも評される日本語をこんなにもペラペラと使っています、何故でしょうか。

先日このようなことを話していたときに、友人が「では、アメリカやイギリスで英語を学ぶ人たちはどのようにして英語を身に付けているんだろうね」と言っていました。

なるほど、英語を母国語とする国の幼少期の教育を例に取る。

なかなか面白いアイディアかもしれないな、と思ったので調べてみました。
続きを読む

英語の話し相手の探し方 5選

studying-703002_640

英会話のコミュニケーション力を磨くなら、一にも二にも、その言語を実際に使って会話することが大切です。言葉は使ってこそ身につくものです。

学習という観点で見るなら、会話相手が「日本語では意思疎通が難しい」人であれば理想的です。必ずしもネイティブスピーカーである必要はないでしょう。要は英語を使わざるを得ない状況に身を置くことがポイントです。

外国語で会話をする相手を見つけると、学習の上で大きなメリットを得られると言えます。外国語話者の集まる場所に赴いたり、ウェブ上のサービスを利用したりといった方法で、外国語での会話相手を見つけることができます。

続きを読む

これからのグローバル社会人の英語資格は「BULATS」!

team-866663_640

英語能力試験といえばTOEICやTOEFLなどが有名ですが、BULATS(ブラッツ)は知っていますか?

「BULATS」はBusiness Language Testing Serviceのアクロニムで、その名の通りビジネスシーンで用いられる(英語)能力の検定試験です。ケンブリッジ大学英語検定機構が実施しており、ヨーロッパ圏を中心に普及しています。

日本では、日本英語検定協会が2004年から日本向けのBULATSを実施・提供しています。

続きを読む

AndroidスマホやiPhone/iPadのアプリで英会話練習!「Skyvi」「Siri」活用術

英会話を1人で気楽に練習したいという場合、Android向けの音声認識アプリ「Skyvi」や、iPhoneやiPadなどのiOS端末に搭載された機能「Siri」などを活用するという方法があります。

「Skyvi」や「Siri」を起動して、スマホやタブレットに向かって話しかけると、音声が認識されて返事が返ってきます。続けて話しかけることで、まるで人と会話をしているかのようなやり取りが可能です。

続きを読む

日本語を使わない英語勉強法【3】「暗記よりも英会話の実践に力を入れる」

英語を話せるようになることを目的とするならば、暗記をすることよりも英会話を実践し、日本語を介さずにとにかく英語を使うことが大切です。英語の知識は、実際に使うことで記憶に残ります。

英会話では、主語がなかったり、語順が間違っていたりと、文法が正しくなくても通じることがよくあります。会話に使われないような文法を覚えるよりも実際の会話の練習をしたほうが、聞き取れることや言えることは多くなります。そのため、文法よりも英会話の「感覚」を身につけることが大切です。また、難しい単語を覚えなくても、多くのことは基本単語で表現することができます。

続きを読む

気負わない主義を貫く!毎日10分手軽な英語学習法5選

male-168981_640

英語スキルの上達には「不断の学習」が欠かせません。何日かおきに気まぐれに集中的に勉強するよりは、少しずつでよいから毎日英語に接し続けることの方が、言語としての英語を身につける近道です。

毎日の学習は決してハードでなければならないということはありません。気軽に簡単に英語に接する機会だけでも十分な効果は期待できます。好きなメディアを通じて英語に接する(というか、英語を通じて好きなメディアを楽しむ)ことは、興味の力を学習にも援用できますし、継続もはかどる、まさに趣味と実益を兼ねた学習方法です。

その気になれば10分ですむ程度の英語学習法・英語に接する方法がたくさん見つかります。娯楽メディアも十分な教材です。胸を張りましょう。

続きを読む

意外と効果があるかも!? ちょっと変わった英語学習法

英語の勉強方法には、授業で使われるような定番の学習法から、誰も思いつかないような学習法まで、様々なものがあります。英会話のレッスンや参考書に頼らずに、英語力を効果的にアップさせている人もいます。

普段とは違う勉強法を試してみることで、英語学習に飽きることなく、英語に触れる習慣が続くのではないでしょうか。「ちょっと変わった英語学習法」には、以下のような例があります。

続きを読む

TOEIC(R)テストで900点を取る人の勉強法5選

TOEIC公開テストで900点を取得するためには、基本的な英語の知識はもちろん、高レベルの聞き取りや読解の能力が求められます。英語を使える環境を作り、英語に触れる習慣をつけることで、TOEIC900点達成に近づくことができるでしょう。

TOEICでスコアアップして900点を達成する人の勉強法には、以下のような例が挙げられます。

続きを読む

英語の聞き取り力を効率的に身につける定番学習法

英語のリスニング力をアップさせるためには、聞き取った英語が実際に何を意味しているのかを理解する訓練が必要です。英語を聞き流し、英語に慣れるだけでなく、聞き取った内容を正確に把握する練習を重ねることで、「聞いて理解する」力を身につけることができます。

英語を聞き、理解する能力を効率的に身につけるための定番学習法としては、【1】シャドーイング、【2】ディクテーション、の2つがあります。

続きを読む

TOEIC(R)テストで800点を取るための最も効率的な方法は、英語の基礎を完璧にすること

TOEIC公開テストで800点を目指す場合、英語の基礎力が大切です。基本的な英語の知識を確実に身につけることができれば、失点を抑えることができ、800点の取得が可能になります。

また、TOEIC公開テストでは、主に英語を聞く力と読む力が問われます。そのため、必ずしも流暢な英語を話す練習する必要はありません。英語をあまり話せなくても、聞く力と読む力を伸ばすための的を絞った学習により、TOEICスコア800は取得可能です。

続きを読む

日々の英語学習に役立つ「IPAチャート」で発音をマスターする方法

「IPA」(International Phonetic Alphabet)は、「国際音声記号」(あるいは国際発音記号)と呼ばれる世界共通の記号です。音声記号を使うと、様々な言語の発音を文字で表すことができます。英単語の発音も、IPAを用いて表すことができます。IPAを学習することで、辞書に発音記号が載っている英単語を正確に発音することができるようになり、英会話力が格段に上達します。

続きを読む

WebRTCで無料英会話