【まとめ】英語の書き方の記事一覧

英語の書き方に関連してる記事をまとめたよ!

「曜日」は英語でどういう?上手な言い方・伝え方・覚え方

「曜日」は英語の日常会話にも頻出する基礎的かつ必須の知識です。しっかりおさらいしておきましょう。

曜日は、西暦・グレゴリオ暦と同様、世界共通です。年月日が同じなら世界のどこでも基本的に曜日まで一緒です。

日曜日は Sunday、月曜日は Monday。各曜日の総称としての「曜日」は、 day(s) of week といいます。たとえば、「今日は何曜日?」と訊く場合は  What day of the week is it today ? と表現できます。あるいは、What is today ? でも通じます。

平日は weekday(s) 、土曜・日曜はまとめて weekend と呼ばれます。

「《日=太陽=Sun》なので日曜はSunday」という対応関係は、日曜・月曜にはありますが、他の曜日には当てはまりません。

各曜日の呼び名について微妙にウロ覚えの部分が残っているなら、まずは幼児向けの覚え歌などを活用して「体で覚える」のが得策です。

続きを読む

「日付」の英語での正しい読み方、書き方、使い方

「2017年12月8日」のように日付を英語で表現する場合、書き方や使い方に多少の注意が必要です。記述順序、略記のしかた、序数詞の扱い、あるいは前置詞との組み合わせ方など。独特の要領が必要です。

とりわけ予定や約束を伝える場面などでは、日付は正確に伝えなくてはなりません。日付の表現方法を正しく把握し、正しく伝達できるようになっておきましょう。

続きを読む

住所(宛先)の英語での正しい書き方・言い方・伝え方

英語の住所(address)の書き方は、いざ宛先を書く段になると細々とした不明点がいくつも涌いてくる種類の話題です。さらに「言い方」となると数字の読み上げ方のような疑問も涌いてきます。

英語では住所は狭い範囲から拡大していくように記述します。多少の誤差は許容できる範囲内です。日本の住所を英語で書くにしても、特別に難しいということはなく、多少のミスを恐れる必要もありません。

より狭い範囲から書く、対象を特定できる情報から始める、という考え方は、英語全般に通じる部分です。その意味で、住所の書き方は英語の言語感覚を掴むよい材料でもあります。

続きを読む

英語で表現する年間の「月」(1月~12月)の読み方、書き方、使い方

年間の「」を英語では month (複数形は months)といいます。1月、2月、12月といった個々の月は、英語では基本的に January のような固有名で表現されます。「4月」みたいに数詞で扱える日本語と比べると面倒そうにも見えますが、いっぺん覚えてしまえば何も苦はありません。

英語の月名は日本語圏でもカレンダーなどでよく用いられており、普通に目にします。でも一見してパッと何月のことか把握したり、自分で正しく綴ったりすることは、意外とままならないものです。

月名を含む日付は正確に伝達しなければならないことが多々あります。正しく理解して使いこなせるようになりましょう。

続きを読む

英語で「日本語の固有名」を表記する綴り方の基本

英語の文章の中で日本語の固有名に言及する場合、語の綴りが不明瞭で書き方に迷う場合がままあります。標準的な綴り方を踏襲するための指針を把握しておきましょう。

国土交通省・観光庁は平成26年(2014年)3月、「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」と題する指針を公表しています。とりあえずコレに倣っておけば、無難な表記に着地できそうです。

続きを読む

英語で表現する「国名」、国の正しい読み方・書き方

国名は、英会話というか異文化コミュニケーションの中では必ず登場するといってよい頻出の話題です。国名の知識そのものは、おおよそは日本語の中でも得られますが、日本語における国名は必ずしも英語の呼び方と一致するとは限らないという点に注意が必要です。

主要国に限っていえば、むしろ英語の呼び方とは一致しない場合の方が多いといえそうです。

カナダ(Canada)やフランス(France)のように素直に対応していそうな国名もありますが、発音やアクセントが微妙に違ってピンと来にくい場合もあります。やはり英語で表現する国名は、英語として、新たな気持ちで把握しなくてはなりません。
続きを読む

英語の作文能力を日常生活で身に着ける「英語日記」のススメ

英語の勉強は、おおむね《読む・書く・聞く・話す》の4要素を基本として区分されますが、さらに根底・根本の部分には《言表する》という要素があることを見過してはなりません。言表とは「自分の考えを言葉で言い表す」「言語化」のこと。すなわち英作文です。

英作文スキルは語彙力や読解力の向上だけでは身につきません。地道な実践的練習を通じて英語の文章感覚を養っていく必要があります。これは決して一朝一夕に実現できるものではありませんが、諦めずに取り組んでいけば誰でも達成は可能です。

日常生活の中で少しづつ、そして確実に英作文に取り組むための方法として、「英語で日記をつける」取り組みがおすすめです。

続きを読む

「数字」の英語での読み方・書き方・考え方

英語の数字といえば、one、two、three、のような数詞がお馴染みです。学校の英語の授業でも、数字の英語の読み方はアルファベットの次くらいに教わる、基礎中の基礎知識です。

数字は生活のあらゆる場面で接する情報です。しかも、現実で用いられる数の表現は、5桁の数(万単位)だったり、分数だったり、小数だったり負の数だったりします。数字そのものだけでなく、数字の周辺の英語表現に関する知識も必要です。

ということで、改めて数字の表現の仕方について振り返ってみましょう。

続きを読む

英文メールを恩師・先生に宛てて書く場合の要点と便利フレーズ集

英語の手紙や電子メールを書く際、宛先が外国人の先生であるなら、敬称の「先生」にあたる英語表現を適切に選びましょう。

日本語の「先生」は意外と幅広く使える敬称です。英語で表現するなら場面に応じた表現の使い分けが必要です。

英語のメールの書き方には一定のマナーがあります。無難に使えるフレーズを駆使して、好感の持てる手紙・メールを効率的に作成しましょう。

続きを読む

英文メール・ビジネスメールの「件名」の正しい書き方

電子メールの件名=タイトルは、最初に目にする要素でもあり、メールの内容や重要度を判断する手がかりとなる、とても重要な部分です。特にビジネスメールでは、タイトルの書き方の定番パターンを踏まえたメールを作成することが大切です。

件名を読んで重要度が高いと思われれば、メールは《すぐに読む》べきと判断されます。趣旨の不明瞭な件名だと《あとで読む》程度の優先度で捉えられてしまいます。さらに要領を得ない件名の場合、迷惑メールの類と判断され《読まない》対象と判断されかねません。

英文ビジネスメールの件名は、そのメールの命運を左右するといっても過言ではないのです。

ビジネスメールの書き方のコツを把握して、作法に則した、「読まれるメール」作りをマスターしましょう。

続きを読む




WebRTCで無料英会話