「曜日」は英語でどういう?上手な言い方・伝え方・覚え方

「曜日」は英語の日常会話にも頻出する基礎的かつ必須の知識です。しっかりおさらいしておきましょう。

曜日は、西暦・グレゴリオ暦と同様、世界共通です。年月日が同じなら世界のどこでも基本的に曜日まで一緒です。

日曜日は Sunday、月曜日は Monday。各曜日の総称としての「曜日」は、 day(s) of week といいます。たとえば、「今日は何曜日?」と訊く場合は  What day of the week is it today ? と表現できます。あるいは、What is today ? でも通じます。

平日は weekday(s) 、土曜・日曜はまとめて weekend と呼ばれます。

「《日=太陽=Sun》なので日曜はSunday」という対応関係は、日曜・月曜にはありますが、他の曜日には当てはまりません。

各曜日の呼び名について微妙にウロ覚えの部分が残っているなら、まずは幼児向けの覚え歌などを活用して「体で覚える」のが得策です。

各「曜日」を指す英単語、および発音と省略表記

まずは各曜日の英語名をざっとおさらいしましょう。

曜日 英語表記 発音 省略表記 省略表記
日曜日 Sunday /ˈsʌndeɪ/ Sun. Su.
月曜日 Monday /ˈmʌndeɪ/ Mon. Mo.
火曜日 Tuesday /ˈtjuːzdeɪ/ Tue. Tu.
水曜日 Wednesday /ˈwenzdeɪ/ Wed. We.
木曜日 Thursday /ˈθɜːzdeɪ/ Thu. Th.
金曜日 Friday /ˈfraɪdeɪ/ Fri. Fr.
土曜日 Saturday /ˈsætədeɪ/ Sat. Sa.

曜日の扱い方の基本ルール

各「曜日」は原則的に先頭大文字で表記する

曜日は固有名詞として扱われます。そのため、原則的に先頭大文字で表記します。

一般名詞のように(「tuesday」みたいに)先頭小文字で表記する事例は、皆無とまでは言い切れませんが、普通とはいえません。

「TUESDAY」のように全て大文字で表記する例は普通です。多々あります。

269818529

省略表記には「3文字」と「2文字」の表記がある

曜日はしばしば省略表記されます。英語の基本ルールに則り、末尾にピリオドを付けて省略表記であることを示します。

省略表記には3文字と2文字の形式があります。形式は混用せず、どちらかに統一しましょう。

年月日と併記する場合は曜日が先頭に配置される

「2020年8月25日(火曜日)」のように年月日の情報と曜日を記載する場合、英語では、先頭に曜日を記載します。

年月日の表記方法には「アメリカ式」と「イギリス式」があり、月と日の記載順が違ってきますが、どちらの方式においても《最初に曜日を記す》という点は共通しています。

「日付」の英語での正しい読み方、書き方、使い方

日付の表記スタイルは多少のばらつきが許容されるというか、メディアによって多種多様です。ただし、同じメディア上では表記スタイルは統一されています。

  • Tuesday, 25th August 2020
  • Tue 25th Aug. 2020
  • Tu. 25/8/2020
  • 25/8/2020 (Tue.)
「カンマで区切りつつ」「小さいカタマリから並べる」

「曜日を最初に配置する」「曜日の直後にカンマを打つ」「西暦を最後に配置する」といった表記方法の考え方は、英語の住所の書き方にも通じます。

英語で住所を書く場合にも、場所をピンポイントに特定できる最小単位をはじめに書き、そこから徐々に範囲を拡大していきます。そして、表記上の範囲の区切りを明示するようにカンマが打たれます。

住所(宛先)の英語での正しい書き方・言い方・伝え方

英語の各「曜日」の覚え方のコツ

英語の曜日名の綴りは少し複雑です。いわゆるローマ字の扱い方では、Wednesday は読めませんし、書けません。Thursday の最初の音 [θ] も容易には発音できません。

これはもう、何度も書いて、読んで、口ずさんで、「体で覚える」しかありません。

歌って覚える

まずお薦めしたい覚え方は「歌って覚える」方法です。「〽 サンデマンデチューズデー♪」というような、いわゆる「覚え歌」です。

YouTubeなどで検索すると、英語圏のキッズ向けチャネルが配信している「曜日の歌」がいくつも見つかります。聞き覚えのあるメロディもあれば、全く違った構成の歌もあります。

Days Of The Week Song |KidsTV123


この「Days Of The Week Song」は、日本人的にいちばん馴染みのある「曜日の歌」にいちばん近い曲でしょう。

Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday, Saturday, Sunday comes again.
日曜日、月曜日、(中略)土曜日、そしてまた日曜日がやってくる
Days of the Week Song | The Singing Walrus

Days Of The Week Song | Kids Songs

各「曜日」名を語源・由来から理解して覚える

各曜日を指す英単語は、「日曜(Sunday)」および「月曜(Monday)」は、天体( Sun および Moon )に由来しています。

「日曜「月曜」以外の曜日名は西欧の神話に基づいています

土曜日(Saturday)は、天体名(Saturn)と神名(Saturnus)のどちらの意味とも捉えられます。

曜日名の具体的な由来・典拠

Sunday

日曜日(Sunday)の語源は「太陽の日」(day of Sun)。

日本語の「日曜日」と同じ「太陽」の天体名を冠するというのは、偶然ではなく、根本が共通していると捉えられます。詳しくは後述。

Monday

月曜日(Monday)の語源は「月の日」(day of Moon)。

Tuesday

火曜日(Tuesday)の語源は「軍神テュールの日」です。

Tīwesdæg (day of Tīw)→ Tuesday。

チュールは北欧神話の主神オーディンの3番目の息子で、世界を滅ぼす狼を自分の右手を犠牲にして縛り付け、神々の国を救ったと伝えられる英雄です。

軍神ということでローマ神話の軍神マルス(Mars)と同一の存在と解釈されることもあります。そして軍神マルスの名は火星(マーズ)の直接の由来。

ちなみにロマンス語系の言語であるスペイン語では火曜日を「martes」といい、これは「マルスの日」という意味です。

Wednesday

水曜日(Wednesday)の語源は「主神オーディンの日」です。

Wōdnesdæg(day of Odin)→ Wednesday。

「Odin」と「Woden」は、簡単にいえば表記揺れの一種です。

オーディンはローマ神話のマーキュリー (Mercury)と同一の存在と解釈されることもあり、マーキュリー は「水星」の直接の由来でもあり。スペイン語では水曜日を「miércoles」といい。

Thursday

木曜日(Thursday)の語源は「雷神トールの日」。

Thuresdæg(day of thunder)→ Thursday。

トールは怪力の戦神・雷神・農耕神で、神々の国を巨人から守ったと言われています。ローマ神話のユピテル(Jupiter)と同一視され、Jupiter は「木星」の由来でもあります。

Friday

金曜日(Friday)の語源は「豊饒の女神フレイヤの日」です。

Frīgedæg(day of Frigga)→ Friday。

フレイヤ愛と美と豊穣の女神です。ローマ神話のヴィーナス(Venus)と同一視されています。Venus は「金星」の意。

Saturday

土曜日(Saturday)の語源は「農耕神サトゥルヌスの日」です。

サトゥルヌスの英語名ではサターン(Saturn)で、土星の守護神でもあります。その意味では一応、土星(Saturn)つながりの名称とも解釈できます。

なぜ英語の曜日名は天体と神が混在しているのか

英語の曜日名の語源を知っても、正直、あんまり納得感がない。でも「曜日」そのものの歴史をたどると、多少は納得感が増します。

「曜日」という概念の発祥はめちゃくちゃ古い

曜日の発祥は古代オリエント文明にまで遡ります。中東で出土した(紀元前1000年)の遺物から、当時すでに週や曜日の概念があったことが確認されています。

これが西洋や東洋にそれぞれ伝わり、ご当地の言語文化や神話と融合して、各国語それぞれの呼び名で呼ばれるようになったというわけです。

曜日はそもそも天体と密接に関連していた

曜日は、もともと天体の運行と深く関係する概念です。その意味では、日本語の日曜・火曜・水曜…といった(天体名を冠した)呼び名は、曜日の概念の原形を留めた呼称といえます。

英語でも、SundayやMondayは、天体名に直接由来する呼び名を留めているわけです。

曜日に神の名を冠する習わしも古くからあった

曜日の呼び名に神話上の神々の名を冠した文化圏も多くあります。

英語の場合、Tuesday、Wednesday、~ Saturday までの各曜日は、いずれも北欧神話の神々の名に由来する呼び名です。(Saturdayの語源であるSaturnusは土星の守護神だったり「土星」もSaturnといったり等の関連があるためややこしい)

スペイン語に代表されるロマンス諸語では、ローマ神話に基づく神名が曜日名の由来になっています。そのため、天体名との関連がわかりやすくなっています。

その他の名付け方式もある

言語文化によっては、やや特殊というか例外的な曜日名が採用されている場合もあります。

たとえばドイツ語では、語源は根本的に英語と共通(綴りや発音がドイツ語的になっているのみ)なのですが、「水曜日」に限っては神名ではなく Mittwoch(週半ばの日)という実務的な呼称が一般的に用いられています。

現代中国語のように、曜日を通し番号(数字)で扱っているところもあります。

日本における曜日の歴史も古い

東洋には、曜日(というか「七曜」)の概念は、「宿曜」と呼ばれる占術の要素として伝わっています。

日本に最初に伝えた人物は誰あろう「弘法大師」空海です。

作花一志・京都情報大学院大学教授によれば、今に伝わる日本の古い暦は ―― 13世紀(鎌倉時代)の暦、14世紀(南北朝時代)の暦、17世紀(江戸時代)の暦などが ―― 「これらに記載されている曜日はすべて現在の曜日に連続している」そうです。(「曜日の起源と具注暦」

・・・・・・とすると、曜日は、暦法とは別に、はるか昔から西洋と東洋とでリンクしていたということになりそうです。

ちなみに、西洋でも、改暦(ユリウス暦からグレゴリオ暦への移行)に際しては「曜日は連続させたまま日付を必要な分すっ飛ばす」という対処を講じたようです。

つまり曜日は時空を超えて連続性が保たれていた奇跡のような情報なのです。


曜日を含んだ日付の書き方、読み方

文書で日付を書くとき、曜日もつける場合は、年月日の前に曜日を書きます。日付の書き方はアメリカ式とイギリス式で違い、アメリカ式だと曜日→月→日→年の順、イギリス式だと曜日→日→月→年の順になります。曜日が入った日付を読む場合は、曜日がない場合とちがい、日の前にtheが入ることに注意しましょう。またアメリカ式ではコンマで区切ります。

例えば、2010年1月2日土曜日の表記と読みは、アメリカ式とイギリス式それぞれでこうなります。

アメリカ式
Saturday, January 2, 2010
読み:Saturday, January the second twenty-ten

イギリス式
Saturday, 2nd January 2010
読み:Saturday,the second of January, twenty-ten

 


先週、今週、来週の言い方

「先週」は、「直近の過去」を指すlastを使ってlast week、「今週」は「この週」つまりthis week、「来週」は今週のすぐ「後」の週なのでnext weekと言います。

last Friday(前の金曜)やnext Friday(次の金曜)と言う場合は、週のどの時点にいるかによって「先週」なのか「今週」なのか「来週」なのかがわかりにくくなることがあります。例えば、火曜日にLet’s meet next Friday. (次の金曜にお会いしましょう)と言われた場合、会うのが3日後の金曜なのか、10日後の金曜なのかわからなくなる…と言った具合です。または、I went skiing last Sunday. と火曜日に言われた場合に、スキーに言ったのが2日前の事なのか、それとも9日前の事なのかわからなくなってしまいます。

last Friday、もしくはnext Fridayと言った場合は、ほとんどが(今週ではない)先週、もしくは来週の金曜という意味ですが、中には「今週」の意味で使う人もいます。lastとnextは、「今の時点と比べて」過去、もしくは未来を示す相対的な表現であるため、どうしても直近の曜日なのか、それとも前の週の曜日なのか曖昧になってしまいます。

誤解を防ぐには、それが過去であっても未来であっても、「今週の金曜」を指す場合にはthis FridayまたはFriday in this weekとすることです。また、coming(来る)やpast(去る)などの語を組み合わせてthis coming Friday(このすぐ次の金曜日)やthis past Friday(すぐ前の金曜日)としてもはっきりと「直近の」金曜であることがわかります。今週なのか来週なのかはっきりさせたい時は、Is this coming Friday or Friday next week?(この金曜ですか、それとも来週の金曜ですか?)と聞いておけば安心です。

「平日」weekday と「週末」 weekend

曜日に関わる表現として覚えておきたいのが、weekdayweekendです。weekday は月曜から金曜日までで、日本語で言うところの「平日」。weekend は土曜日、日曜日のことで、日本語で言うところの「週末」を表しています。

「平日に」「週末に」と言う場合、weekday には曜日と同じく前置詞 onが使われます。一方、weekend の場合はアメリカ英語ではonが使われ、イギリス英語ではat が使われることが多いようです。「2日ある週末中ずっと」なら、期間を指すoverを使ってover the weekendとも言います。

We go to school on weekdays.
私たちは平日学校に行く。

I never work at(on) the weekend.
週末は仕事しないんだ

I stayed home over the weekend.
週末はずっと家にいたよ

前置詞のつけ方

特定の日を示す「何曜日に」にはonを使う

「何曜日に」と言う場合、「特定の日にち」を指す前置詞onを使います。on Sunday morning(日曜日の朝に)など、形容詞として使われる場合にもonが使われます。

I don’t go to the university on Saturday.
私は土曜日には学校へ行きません

He sells sandwich in the city on Sunday morning.
彼は日曜の朝に街でサンドイッチを売っている

締め切りを示す「何曜日までに」はbyを使う

期限や締め切りを指して「火曜まで」「金曜まで」と言う場合は、曜日の前に前置詞byをつけます。

Please finish doing the homework by this Friday.
今週の金曜日までに宿題を終わらせてください

終点を示す「何曜日まで」にはuntilを使う

継続する物事の終点を指して「火曜まで」「金曜まで」と言う場合にはuntilをつけます。

You have to practice the piano until this Sunday.
ピアノの練習を今週の日曜日まで続けなさい

曜日の言い方実践編

「毎週金曜日」

毎週金曜、という場合は、every(すべての)をつけて every Fridayとするか、複数形にすることで「何回もある」ことを指してon Fridaysとします。

I go for a walk every Friday.
私は毎金曜日散歩する。

I go for a walk on Fridays.
私はいつも金曜に散歩する。

「その日って何曜日だろう」

曜日はday of the week。「その日付は何曜日ですか?」は、What day of the week is that date?となります。ただし、おそらくもっと短くWhat day is it?(それって何曜?)と聞いても十分伝わります。

What day of the week is that date?
その日付は何曜日ですか?

What day is it?
それって何曜?

「火曜日に届くらしいよ」

「火曜日に」はon Tuesday。その前でも後でもなく火曜日に届くことを指すので、特定の日を示す前置詞onを使います。

They say it will arrive on Tuesday.
火曜日に届くらしいよ

「何曜日なら空いてる?」

毎週特定の曜日に決まった用事が入っている人は多いもの。「何曜日なら空いてるの?」と聞きたいときは、What days of the week are you avairable?(週のうち何曜が都合いいですか?)と尋ねましょう。もっと簡単にwhat day are you free?(何曜日なら暇?)と聞いてもOKです。

What days of the week are you avairable?
週のうち何曜が都合いいですか? what day are you free?
何曜日なら暇?

「金曜までにお願い」

「金曜まで」は期限なのでbyを使ってby Fridayといいます。

Please finish it by Friday.
金曜までに終わらせてね。




WebRTCで無料英会話