【まとめ】英語表現の種類と使い分け方の記事一覧

英語表現の種類と使い分け方に関連してる記事をまとめたよ!

「幻覚」を意味する英単語3つと、それぞれの意味・ニュアンス

illusiondelusionhallucination、これらの単語はどれも日本語の「幻覚」におおむね対応する英単語です。それぞれの意味合いをよく比べると、微妙なニュアンスの違いがあります。

ひとくちに「幻」と言っても、夢幻、妄想、錯覚など、意味合いや使い所は微妙に違います。違いを比べて使いこなせるようになりましょう。

続きを読む

英語で「うれしい」気持ちを表現する上手な言い方

英語で嬉しい(うれしい)気持ちを表現する言い方は色々あります。たいていの場面では I’m happy. で十分に表現できますが、場面によっては言い方を工夫する必要もあるでしょう。

場面や状況に応じて、あるいは丁寧さの度合いに応じて、自身の気持ちにぴったり合うニュアンスで表現できるように、表現の種類や意味合いを把握しましょう。

みんなの回答:〇〇していただけると嬉しいです。は英語でどう言うの?

続きを読む

英語の「敬称」の種類と使い分け方のコツ

相手への敬意を示す意味で名前に添える「敬称」。英語にも Mr.Mrs. といった複数の敬称があり、性別その他の要素に応じて使い分けられます。適切な敬称を使いこなせるように備えておきましょう。

英語は互いにファーストネームで呼び合う機会が多く、敬称を意識する場面は日本語ほど多くはありません。ただし英語の敬称の使い分け方・ルールは、日本語よりも厳密といえる側面もあります。

続きを読む

英語でバカさの度合いを言い分ける7つの英単語

英語には頭の良し悪しを形容する表現が沢山あります。「頭のよさ」を表現する語もあれば、「頭のわるさ」を表現する語も豊富です。

【英語】「頭がよい」を表現する英単語が多すぎる

愚かさ・バカさにも色々なニュアンスがあります。腹立たしい愚かさ、許せるおバカさ、呆れてしまうような能なし加減など。英語の形容詞はこうしたニュアンスの違いを一語で言い分けられるものが少なくありません。

続きを読む

英語で「気をつけてね」と伝える表現「Be careful」と「Take care」の違いと使い分け方

日本語の「気をつけて」に相当する、注意を促す際の英語表現には、「Be careful.」や「Take care.」などがあります。どちらもよく用いられる一般的なフレーズです。

「Be careful」と「Take care」は、日本語にしてしまうと区別がつきませんが、それぞれニュアンスや使用場面が異なります。
続きを読む

英語の別れ際のあいさつ「goodbye」と「see you」の違い

別れ際のあいさつとして使える英語表現は沢山あります。まず思いつくフレーズは Goodbye.See you. などでしょう。もし、どちらか一方を選ぶとすれば、断然 See you. の方をお勧めします。

goodbye は離別・告別の場面でも用いられる表現なので、少し悲観的なニュアンスを含みやすいのです。その点、see you は再会を前提した気軽な表現です。

続きを読む

雨がどれほど降っているかを言い分ける英語表現

天候は、会話で話題にしやすい便利なネタです。特に雨が降っているときなどは「いや~降りますね」なんて声をかけやすいものです。

「雨が降る」を英語でいえば「raining」が基本ですが、他にも雨の降りっぷりを形容する英語表現があります。場合に応じて使い分けられると、話も弾むでしょう。

続きを読む

英語で 「カワイイ」と表現するニュアンス別うまい言い方

「かわいい」(可愛い)という言い方は、とても幅広く使える言葉です。女の子、幼い子ども、動物、アクセサリー類、あるいは男性についても「かわいい」と形容することがあります。

「かわいい」には日本独特の感じ方や考え方が見られ、そっくりそのまま対応する英語はなかなか見当たりません。英語で表現するなら表現をちょっと工夫する必要がありそうです。

続きを読む

英語の「must」「have to」「should」の基本的な使い分け方

英語の助動詞「must」「have to」「should」は、どれも「~しなければならない」という《義務》の意味を示す助動詞です。意味や用法の違いは曖昧になりがちですが、たとえば「強制の強さの度合い」などに違いが見出せます。

ニュアンスの程度の違いを正しく把握できれば、文脈に応じて must、have to、should、あるいはその他の助動詞のうち、どの助動詞を用いるべきか、判断しやすくなります。
続きを読む




WebRTCで無料英会話