英語で読む時事ニュース:アメリカ大統領選を読むためのキーワード

2016年11月8日(火曜日)は、アメリカ合衆国大統領選挙の実施日です。世界情勢に少なからず影響を与える、全世界が注目するイベントは、英語の情報源を通じてリアルタイムにつぶさに情報を追跡する絶好の機会です。

大統領選挙の行方に関する情報はすでに多く報じられてきましたが、選挙の最終局面を理解するには、やはり必要なキーワードを理解しておく必要があります。各政党の候補者と米国民が歩んできた大統領選の経過を、重要単語と一緒に振り返りましょう。

アメリカ式選挙を理解する基本KW

大統領選では、次の項目から紹介する独特な単語や選挙制度が存在します。これらの特別な単語やシステムを理解するためにも、選挙に関連する基本的なキーワードを確認しましょう。

281695619

Voter(有権者)

18歳以上の米国籍者で、有権者登録をしている人物のこと。有権者登録されている有権者はregistered voterと呼ばれます。

Endorse(~を支持する)

人の行動や意見を支持することを意味する動詞です。ドナルド候補を筆頭に、今回は各大統領候補者の支持率の低さにも注目されましたが、支持率は英語で approval rate で、endorsement rateではありません。

Candidate(候補者)

選挙に限らず広く「候補者 / 志願者」を意味する単語です。candidate for ~ で 「~の候補者」 という意味になります。presidential candidate(大統領候補)は a candidate for president(大統領の候補者)という風に表すことができます。

Campaign(選挙運動)

選挙に限らず広く「運動 / 勧誘」を意味する単語です。選挙中は様々な立候補者たちがcampaign を行います。クリントン候補の Pay to play (戦いたいなら金を払え)方式が揶揄される今回の大統領選では、同氏陣営のa campaign to raise fund (資金集め運動)が何かと話題になりました。

Federal Election Commission(連邦選挙委員会)

アメリカの独立規制機関として、国の選挙資金法制の管理と執行を司ります。大統領選挙では候補者の資金集めの監督を始め、選挙資金情報を一般に開示します。当機関の資金レポートでは、各候補者が選挙資金を「何の為に」「いくら使ったか」が読み取ることができます。

Republican Party(共和党)

アメリカの国政の二大政党のうちの一つです。党の特徴としては、保守的でキリスト教的価値観が強いことが見られます。奴隷解放宣言で有名なエイブラハム・リンカーン第16代大統領を初め、ジョージ・W・ブッシュ元大統領らが所属してきました。

Democratic Party(民主党)

アメリカの国政の二大政党のうちの一つです。共和党と比べ、リベラルな思想を持つ党員が集まることで知られます。キューバ危機や歴史的な暗殺事件で有名なジョン・F・ケネディ第35代大統領、現職のバラク・オバマ大統領らが所属してきました。


大統領候補のふるい分け

米大統領選挙は、各政党が支持する大統領候補の選出→大統領候補同士が競争→大統領決定のプロセスで進みます。各党員は大統領候補に立候補し、予備選挙・党員集会、そして党大会を通して自分の支持者である代議員をより多く獲得した人物が大統領候補となります。

Delegate(代議員)

delegate(一般代議員)とsuper delegate(特別代議員)の二種類がいます。delegateは事前に指示する候補者を表明し、各州の予備選、党員集会での得票率に応じてそれぞれの候補者に分配されます。その後、党大会に出向き宣言した候補者に票を投じるのです。一方、super delegateは自分の意思で投票者を決められます。予備選挙の結果だけで各党の大統領候補が誰になるか分からないのは、このsuper delegateの存在がキーとなっています。

Primary(予備選挙)

党大会に先立って、民主・共和の両党がそれぞれ候補を絞りこむため個別の州で行う選挙。一般人が各候補に投票し、それぞれの候補者の得票率に併せて代議員が分配されます。

Caucus(党員集会)

地区レベルで開かれる各党員の集会。会議ではどの候補者を支持するかが話し合われます。地区によっては予備選挙と同じ扱いを受け、得票率に応じて、それぞれの候補者を指示する代議員が分配されます。

Super Tuesday(2016年3月1日)

大統領選挙がある年の2月または3月初旬の一つの火曜日。この日は大統領選挙のための予備選もしくは党員集会が、最も多くの州で行われます。今年は、少ない人口とバラバラの予備選挙日から従来の大統領選では影が薄かった南部の州が、ジョージア州州務長官のブライアン・ケンプの呼びかけでスーパーチューズデーに南部の7州の予備選・党員集会の日にちを合わせたことから、アメリカ南部の大学リーグの名前を取ってSEC Primaryというあだ名が付きました。


大統領候補者2名について

Super Tuesdayを皮切りに、各候補者が代議員獲得数を伸ばしていきました。そして、迎えた党大会(convention)で共和党(republican party)と民主党(democratic party)のそれぞれに代議員が投票しました。両党の候補者達の中から、各党で大統領候補の指名を受けたのは、次の二人です。

Republican National Convention(共和党党大会)にて

2016年7月19日にドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を指名(1542票獲得)

Democratic National Convention(民主党党大会)

2016年7月26日にヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏を指名(2823票獲得)

ここからは両党が指名した候補者の一騎打ちとなっていきます。それぞれの戦いっぷりはアメリカの各メディアで報じられていくので、興味があれば候補者同士の討論番組などを視聴すると良いでしょう。国政のトップの座を争う最終局面で、彼らがいかに異なる思想を持ちここまでの選挙に臨んできたかが分かります。歴代の大統領候補たちも弁舌の限りを尽くして、視聴者に自らの政治思想を戦わせる様子を見せてきました。

2012年のNew York Timesによるロムニー共和党元候補 vs オバマ民主党元候補の討論

次期大統領の決定

こうして両党の最終候補者に最終投票が行われるのが、来る11月8日の一般投票です。各州で有権者がどちらかに投票し、得票数の多かった候補者が州の選挙人を獲得します。この選挙人の獲得数が多かった候補者が次期大統領です。

Presidential Candidate(大統領候補者)

党大会によって各党から大統領候補に指名された党員。選挙人の投票対象と成ります。

Electoral Votes(選挙人選挙)

今年は11月8日に開催。各州で有権者が指示する候補者に投票し、得票数が最も多かった候補者が各州の選挙人(electoral)を総取りします。選挙人は全州で570人、この過半数を獲得した候補者が次期大統領です。A州の51%の得票を獲得した候補者は、A州に定められた選挙人を全員自分のvote(票)にできることから、全州の有権者の得票数で負けても選挙人の獲得数で勝てば候補者は大統領と成れます。最も選挙人の割り当てが多いのはカリフォルニア州の55人。

Swing state(激戦州)

特定の党を支持せず、選挙によってどちらの党に振れる(swing)か分からない州のことです。

Close to Call(接線)

激戦州で起こりうる、民主党と共和党の候補者の得票数が五分五分である状態のことです。

大国のトップが選ばれる瞬間を見るために

米大統領選は一年を通して戦い抜かれる、国政の最大イベントです。世界でも最有力国の政治を担う人物がどのようにして選ばれるかを理解するには、彼らが何を戦っているのかを把握する必要があります。最終投票が行われるまで、上記のキーワードと経過をしっかりと理解して報道を待ちましょう。また、TIME誌のように日頃から大統領選といった重要なニュースを更新し続けるニュース誌を読むことも、政況の把握に効果的です。誌面によくまとめられた情報は、時事の動きを分かりやすく示してくれます。

Fujisan.co.jp





WebRTCで無料英会話