【要注意!英語?表現】「フリーダイヤル」はうまく伝わらない和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう

今回の和製英語は「フリーダイヤル」。

「フリーダイヤル」は固有名であり登録商標

フリーダイヤルといえば「0120」で始まる、通話料を着信側負担で電話できるサービスが思い起こされますが、この「フリーダイヤル」はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコミュニケーションズ)が提供するサービスの名称であり、同社の登録商標です。

一般名としては「着信課金電話番号」や「着信課金電話サービス 」のような呼称があります。

フリーダイヤルと同様の着信課金電話番号サービスは海外にもあります。英語では toll-free という呼び方が一般的です。toll-free (phone) number、 toll-free call 、あるいは  FreecallFreephone といった呼び方もあります。

ちなみに日本では「フリーコール」も商標登録されています。

フリーダイヤルは日本国内の着信課金電話の代表的サービスであり、多く耳目に触れることもあって、半ば一般名詞のように扱われています。ただし固有のサービスの名称であるという点は留意しておいた方がよいでしょう。

ちなみにNTTコミュニケーションズはフリーダイヤルの英語版サービス案内で「Free Dial (Toll free telephone number)」と表記しています。

shutterstock_523642291

toll call は市外通話

英語の toll-free call は「free」の語が外せません。「toll」は「(通話)料金」を指す語で、単に toll call というと「料金が高くつく通話」、すなわち市外通話・長距離通話を意味してしまいます。

海外の toll-free 電話番号は

海外の多くの国では「0800」または「800」が着信課金電話番号を示す番号として利用されています。

米国では主に「800」、ドイツ・フランス・イギリス・ブラジルなどでは「0800」が主な toll-free phone number として予約されています。

「フリーダイヤル 」は英語でこう言おう!

詳細お問い合わせはフリーダイヤル 800-XXX-XXX までお電話ください。

Please call toll‐free number 800-XXX-XXX for more information.





WebRTCで無料英会話