【要注意!英語?表現】「ミニレター」はうまく伝わらない和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の和製英語は「ミニレター」。

「ミニレター」は固有名であり登録商標

ミニレターとは日本郵便が提供している「封筒を兼ねた便箋(びんせん)」の名称です。「郵便書簡」とも呼ばれます。官製はがきの3倍の書き込みスペースがあり、畳んで封筒の形にするので写真1~2枚程度なら同封できます。ミニレター自体の価格に郵便料金が含まれていてお値打ちです。

そして、「ミニレター」の名称は日本郵便株式会社の登録商標です。(第4562909号)。

日本郵便のミニレターのような「封筒・兼・便箋」の郵便物形式は、世界的に見ると、他国へ便りを送る国際郵便の形態として普及している形式です。この国際郵便は一般的には「航空書簡」と呼ばれ、英語では aerogram、あるいは air letterと表現します。

aerogram の aero は「航空」、-gram は「文書」の意味。

日本郵便のミニレターは国内向けサービスであり、海外宛の郵便サービスは別途「航空書簡」として用意されています。

 

letter

PR【コロナ対策中】2か月で驚愕の英語力を手に入れたオンラインでの英語学習法







WebRTCで無料英会話