【要注意!英語?表現】ユニットバスはうまく伝わらない和製英語?表現

日本語のカタカナ英語表現は、正しい英語表現とは限りません。英語の本来の意味や用法、正しい英語表現を学び直しましょう。

今回の和製英語は「ユニットバス」。

「ユニットバス」は和製英語。そして誤解の多い語

日本語の「ユニットバス」は和製英語であり、英語では unit bath のような語はありません。対応する一般的な呼び名も中々見当たらず、あえて言うなら、modular bathroom、あるいは、prefabricated bath unit などのように表現します。

ユニットバスとは、いわゆる「ユニット工法」で設置されるバスルームを総称です。

ユニット工法は住宅工事における「在来工法」と対比される区分で、壁や床のような主要パーツをあらかじめ工場で作り上げ、現場では部品の組み立てのみ行えば完成するというタイプの工法です。特に風呂場では高い防水性能・保温性能が発揮できるため、昨今の主流となっています。なお日本で実用化された工法なのだとか。

浴槽・洗面台・トイレが同室に設置された浴室、を指す語ではありません (ユニット工法で作られたその手の浴室もユニットバスには含まれますが)

欧米では浴槽・洗面台・トイレを同じ部屋に設置する形態が一般的な「バスルーム」です。風呂トイレが別室に設けられている部屋構成は separate toilet (あるいは separate bathroom)のように呼ばれます。つまり「セパレート」は本来的な英語表現。

unit を「ユニット式の」といった意味の形容詞として使う用法は英語にもありますが、大半の場合 unit は名詞として扱われます。

yunitbath





WebRTCで無料英会話